2015年秋の人気車種の保険料はどれくらい?

自動車保険の保険料を決める要素は、年齢や等級、使用目的、走行距離など様々。複雑ではありますが、同じ車種、同じ補償内容で複数の保険会社を比較すると、おおよその保険料の相場を確認できます。

今回は、2015年秋の人気車種の保険料相場をチェックしました。

■見積もり条件
記名被保険者:男性・35歳
被保険者:妻・35歳
家族以外の運転:なし
他の親族・子供の運転:なし。夫婦のみ
年間走行距離:8000km未満
現在の等級:12等級

対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
人身傷害補償:3000万円
搭乗者傷害保険:不担保
車両保険:一般タイプ(保険金額は各車種で異なる)

ファミリーに人気、軽自動車『NBOX』の保険料相場

低燃費やエコカーが売れ筋。なかでも軽自動車の人気は衰えを知りません。

低燃費やエコカーが売れ筋。なかでも軽自動車の人気は衰えを知りません。

車両保険金額:150万円
初年度登録:平成26年12月1日

保険料:
・国内損保A社 5万9770円
・国内通販型B社 4万230円
・外資系通販型C社 3万9680円

まだ新しい車なので、車両保険は必須。保険料とのコストバランスを考えると国内通販型B社、外資系通販型C社が魅力です。国内通販A社はいわゆるメガ損保の一角。全国に展開するネットワーク、万全の補償体制を打ち出していますが、そのぶん保険料はアップした印象です。


大ヒット車種の後継モデル、コンパクトエコカー『アクア』の保険料相場

車両保険金額:180万円
初年度登録:平成26年12月1日

保険料:
・国内損保A社 7万6410円
・国内通販型B社 4万7850円
・外資系通販型C社 4万5440円

低燃費の人気車種ですが、保険料は高額の傾向にあります。なお、B社、C社以外の通販各社は、そのほとんどが4万円台に収まっています。年間3万円の差は大きいため、事故対応などに納得できるなら選択肢の筆頭になりそうです。

スポーツカーのDNAを受け継ぐ『スカイライン350GTハイブリッド』の保険料相場

ハイブッドらしからぬ加速、機敏性で走りにこだわるドライバーに人気。

ハイブリッドらしからぬ加速、機敏性で走りにこだわるドライバーに人気。

車両保険金額:600万円
初年度登録:平成26年12月1日

保険料:
・国内損保A社 9万2490円
・国内通販型B社 5万7420円
・外資系通販型C社 12万5680円

通販型は保険料が安い印象がありますが、実際には車種や記名被保険者の年齢によって、保険料が大幅にアップすることもあります。こちらはその顕著な例。C社はスポーツカーを全般に高リスクと判断し、高額な保険料とするケースがあります。このように保険会社の傾向を掴むと、会社選びの目安となります。

ファミリーで遠出も楽々、ミニバン『ヴォクシー』の保険料相場

車両保険金額:280万円
初年度登録:平成26年10月1日

保険料:
・国内損保A社 6万9710円
・国内通販型B社 4万3540円
・外資系通販型C社 5万7650円

手ごろな車両価格ながら、家族でゆったりとドライブを楽しめる人気のヴォクシー。保険料は会社によりかなり開きが出てしまいました。特に通販型はこちらで紹介した2社以外では、3万円台前半が最安値となり、4万円前後が平均的な保険料となりました。保険料は毎年変わるので、毎年の見積もりをおすすめします。

人気車種別の保険料相場、いかがでしたか?保険料は個々の条件で変わってしまいますが、一定の目安としてぜひ参考にしてください。

【関連記事】
通販型と代理店型、自動車保険料はなぜ違う?
節約に加えて特典も!自動車保険の見積もりサービス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。