建築確認済証

【けんちくかくにんずみしょう】

建築確認の申請がされると、建築主事または指定確認検査機関は一定期間内にそれを審査し、内容が適法であることを確認したときには申請者に対して「確認した旨の通知」をしなければならない。そのときの通知に用いられる書面が「確認済証」(建築確認済証)である。

1999年5月1日施行の改正建築基準法以前には、この書面のことを「確認通知書」(建築確認通知書)と呼んでいたため、現在でも「建築確認通知書」という用語が使われることも多い。

>> 建築確認
>> 検査済証

【関連記事】
建築確認とは?
違反建築物と既存不適格建築物はどう違う?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。