空港ラウンジを無料で使える
プライオリティパス

空港での待ち時間、うんざりするという方は多いようです。私は自他共認める空港好きですが、それでも待ち時間や乗り継ぎ時間が3時間を超えるともうぐったり。特に空港が混んでいると疲れはより増します。

アシアナラウンジ

ラウンジでくつろげば疲れも軽くなります

そういうときに効果を発揮するのがプライオリティパス。これ1枚で、世界600ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるというスグレモノ。これさえあれば、もう待ち時間など怖くない! Wi-Fiが無料で使えて、ドリンクやスナックが完備されたゆったりとしたラウンジでまったり時間を過ごしましょう。

気になるのがそのお値段。このプライオリティパス、直接申し込むとかなり会費が高いのです。会員の種類は以下の3つありますが、ご覧のように無料でラウンジ使い放題のプレステージ会員の年会費は319米ドル(約3万2000円)。10回まで無料で使えるスタンダード・プラス会員でも199米ドル(約2万円)。年会費が一番安いスタンダード会員は、ラウンジを使用するごとに27米ドルを支払わなければなりません(いずれも同伴者は27米ドル)。

  1. スタンダード会員……年会費:79米ドル/会員利用料金:27米ドル
  2. スタンダード・プラス会員……年会費:199米ドル/会員利用料金:10回まで無料、その後は27米ドル
  3. プレステージ会員……年会費:319米ドル/会員利用料金:全て無料

いくらラウンジが使えるからといっても、これではハードルが高すぎる……。でも、大丈夫。プライオリティパスの会員になるには、直接申し込む方法のほかに、プライオリティパスと提携しているクレジットカードを入手する方法があるのです。しかもずっと割安に!

年会費が安い楽天プレミアムカード

プライオリティパスと提携しているクレジットカードはいろいろありますが、無料でラウンジを利用できるプレステージ会員の特典が付いているカードは以下の4枚。全てゴールド以上の上級クレジットカードです。

  1. 楽天プレミアムカード:年会費10500円
  2. MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード:年会費21000円
  3. セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード:年会費21000円
  4. シティ セレクト VISA プラチナカード:年会費36750円

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードを作るとプライオリティパスが付いてくる

このうち絶対のオススメは1. の楽天プレミアムカード。年会費を比べてみると一目瞭然です。

楽天プレミアムカードの年会費は他のカードの3分の1~半額。MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは200万円以上利用すると次年度の年会費は10000円に下がりますが、年間200万円という金額はハードルがちょっと高いと言わざるを得ません。

楽天プレミアムカードは発行に要する時間が約2週間。即日で発行可能なMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードや、3営業日で発行できるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードと比べると長くかかりますが、年会費が半額であることを考えれば気にならないはず(シティ セレクト VISA プラチナカードは1間~2週間)。付帯の保険額も、海外旅行保険と国内旅行保険がそれぞれ5000万円、ショッピング保険が最高300万円付いています。高くはないけれど、必要十分な金額でしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードやシティ セレクト VISA プラチナカードには、専任スタッフが24時間365日、相談・問い合わせに対応する「コンシェルジュサービス」が付いているなど、利用できる特典も多いのですが、とにかくラウンジを利用することをメインに考えるのであれば、楽天プレミアムカードが一番安上がりです。

 

申し込み方法は簡単。専用ページから申し込むだけですが、注意したいのが更新時の手続きです。
更新案内メール

このメールがきたらすぐに更新手続きを!


楽天プレミアムカードは自動更新ではありません。毎年、期限が切れる2ヶ月ほど前にメールで以下のようなお知らせが来るので、必ずサイトで更新の手続きをしましょう。忘れるとカードが失効してしまうのでご注意を!

次ページでは、私がプライオリティパスを使って利用したラウンジをご紹介します。

>>LCCの旅だからこそラウンジを活用したい