分 筆

【ぶんぴつ】

登記された一つの土地( “筆” で数える)を複数の土地に分けること。あくまでも登記上の手続きであり、外見上の土地の形状を区分しなくても分筆はできる。

分筆したうちの一つの土地には従来の地番が残り、他の土地には新しい地番が付けられる。

【関連記事】
地番と住居表示の基礎知識

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。