募集賃料を下げる

kuushitsu

むやみに金額を下げるのではなく、効果的な下げたかというものがあります

部屋をリフォーム・リノベーションすることによって、バリューアップをはかろうと思ってもそんな予算はない、もしくはかけたくない、そういう方はたくさんいらっしゃいます。そうなると募集賃料を下げてバリュー感を出すことも考えましょう。

今の消費者は実際にお部屋を見る前に、インターネットなどで物件を吟味、取捨選択し、厳選して絞り込んでから最終的に内見するという行動を取る人が大多数です。

インターネットの賃貸物件サイトで希望の条件を打ち込めば、それに該当する物件が自宅にいながらにして確認することが出来ます。一昔前のようにやみくもに不動産会社を歩き回ったりするような非効率なことはしません(一部例外はあります)。どれほど良い物件だったとしても、他の物件に埋もれてしまっていたら意味がありません。

「ちょっと高いけど、実際に中を見てもらったら良さが分かるから」と、考えるオーナーさんもいます。しかし現在の賃貸市場では「中を見てもらう」ことがなにより重要で大変です。部屋を見てもらう前に、良さが伝わらないと実際に内見にも来てくれないのです。

「まず選んでもらうためにはどうしたらいいか?」
「競合物件よりも目立つためにはどうしたらいいのか?」

こうした部分を徹底的に考えていかないと、いくら自信があるお部屋だったとしても、いつまでたっても「隠れた宝物」でしかありません。

その最初のとっかかり、「実際に部屋を見てもらうため」に一番効力を発揮するのが、当たり前のようですが、やはり賃料の値下げです。例えば、同じタイプの物件が16万円台で並んでいるなかで、自分の物件だけ15万円台で載っていたら、それだけで他の競合物件よりも目立ちます。16万円台で勝負していた物件が下の層、15万円台に落としてきたのだから当然です。その結果、多くの人の目に触れることになり、やがて部屋を見に来てもらい成約に至る機会も増えるのです。

しかし、オーナーさんの中には、抜群のセールストークをもって相場以上で入居者を決めてくれる、「やり手営業マン」「スーパー営業マン」という存在に幻想を描いている人が多くいます。

次ページでは「スーパー営業マンの幻想」について解説します。