手のひらにPDFファイルを

仕事やプライベートの情報収集などで、PDFファイルをダウンロードすることはよくあります。ところが、PDFファイルはしばしばページ数が多いものもあります。後で読もうと思っていると、いつまでたっても読まないということも。

そういうものは、iPhoneにコピーして、移動中に読めるようにしておきましょう。ファイルサイズが小さいPDFファイルならメール添付でも構いませんが、ファイルサイズが大きかったり数が多かったりする場合には、iTunes経由でコピーする方法もあります。

なお、ここでは便宜上iPhoneとしていますが、同じ操作でiPod touchやiPad、iPad miniにもPDFファイルをコピーできます。


iTunesにPDFファイルをコピーする

まずは、PDFファイルをiTunesにコピーさせるために、PDFファイルをiTunesの画面にドラッグします。ただし、正確にはコピーではなく「ファイルの場所を認識させる」だけなので、元のPDFファイルを削除したり、フォルダーを移動させたりすると、iTunesに表示されなくなります。注意しましょう。

PDFファイルをiTunesの画面にドラッグ

PDFファイルをiTunesの画面にドラッグ


次に、ファイルがコピーされたか確認します。iTunesの画面左上のライブラリで[ブック]を選択します。
[ブック]を選択

[ブック]を選択


[ブック]の画面には、電子書籍などのファイルも表示されます。PDFファイルを見るときは[PDF]をクリックします。
[PDF]をクリックすると、コピーしたPDFファイルを確認できます

[PDF]をクリックすると、コピーしたPDFファイルを確認できます



そして、iPhoneにコピーします。