おすすめは携帯電話に記録する方法

 

 

私は、産婦人科の受診のために基礎体温を付け始めたのですが、高機能なものは高価だったので単純な検温機能だけのものを購入しました。そこに付属されていた記録用紙が見やすかったので、それを使うことにしました。
病院にかかる時には、結局は先生に見てもらうために紙に書かないといけないので、最初から書いても一緒だと思いました。実際に病院に掛かった時にも、先生からは紙に書いてあって分かりやすくて良かったと言われました。
原始的ではありますが、病院にかかられる時には記録用紙に確実に書いていくことを心掛けた方が、確実な診察に繋げることができるかと思います。

ただ、毎日毎日こつこつと紙に記録するのは続かなかったので、思いついたのが携帯電話に記録する方法です。4桁の数字を押して発信してすぐに切るだけ。これで数日分は記録が可能です。
(1日にたくさん電話を掛ける人には向きませんが……)
それを間違えないように記録用紙に書いていきます。

■婦人電子体温計 ウーマンドシー ET-C502P

メーカー:テルモ
価格:2,950円
HP:www.terumo.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。