雑誌を読んだり温かい飲み物を飲んだりするのがおすすめ

※写真はイメージです

※写真はイメージです

妊娠後期になってくると、お母さんの眠りというのは短く深くなってくると聞きます。これから出産して、昼夜問わず授乳しなければいけないので体がその準備をしているとか。

お腹が大きくなって膀胱を圧迫するので、トイレも近くなるし、夜中に目覚めてしまうこともしばしばです。私も現在臨月で夜中に必ずトイレに置き、その後しばらく眠れなくなります。

そんな時はソファに寝転がって、雑誌を読んだり、温かい白湯やハーブティーを飲んだりして、眠れない時は無理に寝ようとせず体を横にして休んだりリラックスするようにしています。本格的に目が覚めてしまった時は、もう寝るのはあきらめて朝ごはんの準備をしたり……と好きなことをして過ごすようにしています。

これから出産後は時間的にますます眠れなくなるわけですが、不思議と短い睡眠時間でも赤ちゃんと一緒に深く眠れるようになると思います。そして寝れる時間があれば細切れでもいいので仮眠をとるとよいと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。