デュッセルドルフのおすすめ各国料理レストラン

restaurant

国際都市デュッセルドルフは各国料理レストランが充実していて味のレベルも高い。写真はレストランが連なる旧市街

デュッセルドルフは様々な国籍の人が住み、世界中からビジネスマンがやってくる国際商業都市なので、レストランも各国料理が充実していてよりどりみどり。イタリア、フランス、スペイン料理……とあまりのレストランの多さに迷ってしまうこと必至です。数あるレストランの中から、地元で評判の高い、味も雰囲気も抜群のレストランを厳選してご紹介しましょう。

※メッセ(見本市)の期間はデュッセルドルフ中の店が混み合うので、お目当てのレストランがあれば予約しておきましょう。予約不可の人気レストランは、早めの来店がおすすめです。

行列のできる人気店 ロバーツビストロ

roberts

フォアグラと鴨肉、牛タンがたっぷりのったサラダはロバーツビストロのスペシャリテ。写真右奥はアンドゥイエット(臓物のソーセージ)

おしゃれなレストランやバーが集まるメディエンハーフェン地区にある「ロバーツビストロ」は、デュッセルドルフ周辺の食いしん坊で知らない人はいない、大人気のビストロです。店内はいつもがやがやと賑やかで、隣の人と肘がくっつくくらいにぎゅうぎゅう詰め。この喧噪のなか、美味しい料理をもりもり食べるという、まさにパリのビストロ風の(最近ではパリでもなかなか見られないような)雰囲気に満ちています。シーフード盛り合わせやステーキなどクラシックなメニューのほか、わさびソースでいただく貝や、鴨肉がたっぷりのったサラダもおすすめ(メインで約15ユーロ~)。予約不可で、夜は連日行列ができています。

<DATA>
Roberts Bistro
住所:Wupperstr. 2
営業時間:火~金 11:30~24:00、土 10:00~24:00 日月休
TEL:0211-304821 予約不可
アクセス:トラムStadttor駅から3分

居心地のいい創作料理ビストロ バー・オリオ

olio

地元で一番人気のビストロ。ラフな雰囲気のなかで美味しい料理がいただけるすばらしい店

地元客に熱烈に支持されているイタリアン系ビストロ、バー・オリオ。レストランぽくない小屋風の外観といい、黒板にざっくり手描きされたメニューといい、気さくなスタッフといい、その気取らなさがとってもクールな居心地のいいお店です。料理は日替わりで、パスタやリゾットなどイタリアンを中心とした無国籍の創作料理。身がぷりぷりのタコのグリルや、辛さが癖になるペンネ・アラビアータは、定番の人気メニューです。「Sashimi」や「Udon」など日本風の料理が登場することも。何を食べても美味しいうえに、雰囲気良し、値段良し(パスタは8ユーロくらいから)のすばらしいお店なので、夜はいつも満席状態。昼から夜まで通し営業なので、食事のピーク時を避けて行くといいでしょう。

<DATA>
■Bar Olio
住所:Schirmerstr. 54
TEL:0211-3677295 予約不可
営業時間:11:00~翌1:00  
アクセス:Wehrhahn駅から徒歩3分

タパスが豊富なスペインレストラン ラ・コパ

copa

タパスが豊富な「コパ」。美味しそうなハモンがぶら下がったタイル張りの店内はスペインの雰囲気たっぷり

デュッセルドルフの旧市街には、スペイン通りと呼ばれる一角があるほどスペイン料理のレストランが充実しています。タパスが豊富な「コパ」は、いろんな料理をちょっとずつ楽しめる日本人好みのお店。カウンターのケースの中には、美味しそうなタパスがずらり(3ユーロ~)。生ハムにオムレツ、小魚やイカのフライ、エビのガーリックオイル煮、パエリアなどどれを食べても美味しくて、ワインがどんどん進みます。

<DATA>
La Copa
住所:Bergerstr. 4
TEL:0211- 3238858
営業時間:12:00~24:00
アクセス:Heinrich-Heine-Allee駅から徒歩3分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。