デュッセルドルフのおすすめドイツ料理レストラン

rest

デュッセルドルフの旧市街にはドイツ料理の店がいっぱい。名物のアルトビールとともにボリュームたっぷりの郷土料理をいただこう!

デュッセルドルフは、世界中からビジネスマンがやってくる国際商業都市にふさわしく、多種多様なレストランが充実していて、ドイツ料理の店だけでも相当な数があります。特に旧市街には、アルトビールとともにドイツ料理が楽しめるブラウハウスがいっぱい。ここでは、歴史ある有名店からソーセージ専門店まで、味にこだわりのあるお店をセレクトしました。

※メッセ(見本市)の期間はデュッセルドルフ中の店が混み合うので、お目当てのレストランがあれば予約しておきましょう。

こちらの記事も参考にどうぞ
>>>デュッセルドルフ名物 アルトビール
>>>世界一長いバーカウンター?! デュッセルドルフ旧市街

ナポレオンも来店した歴史あるレストラン ツム・シフヒェン

schiffchen

店名のシフヒェン(小舟)をイメージして船の模型が飾られた店内。ナポレオンやゲーテが座った席もある

旧市街にある「ツム・シフヒェン」は、創業1628年。日本が江戸時代だった頃から続く、歴史あるレストランです。1811年にナポレオンが訪れた店としても有名で、ナポレオンが座った場所は胸像とともに残され、ちょっとした観光名所になっています。風格ある店ながらも気さくな雰囲気で、店内には古き良きドイツらしさがたっぷり。お天気のいい日は外のビアガーデンも人気です。ライン地方の郷土料理「ザウアーブラーテン(酢漬け肉の煮込み)」や「ヒンメル・ウント・エァデ(ブラッドソーセージにポテトとりんご添え)」などボリュームあるドイツ料理(メインで15ユーロ前後)のおともは、もちろんアルトビール!

<DATA>
Zum Schiffchen
住所:Hafenstr. 5
TEL:0211-132421
営業時間:11:30~24:00 ※日曜休みの場合もあり
アクセス:Heinrich-Heine-Allee駅から徒歩3分

料理が評判のブラウハウス ツム・シュルッセル

schluessel

レストランやバーが立ち並ぶボルカー通りにある人気ブラウハウス。ビールはもとより、料理も評判が高い

デュッセルドルフの旧市街にはアルトビールの醸造所がたくさんあって、できたてのビールとともにボリュームあるドイツ料理を味わうことができます。なかでも料理が評判なのが、「新鮮で高品質の料理」をモットーに掲げるブラウハウス「ツム・シュルッセル」。立ち飲み客で賑わう店内の奥には広々とした明るい部屋があって、ゆっくりと食事を楽しむことができます。「メット(生の豚ひき肉ペースト)」や「フリカデレ(ミニハンバーグ)」などのおつまみから、シュヴァイネハクセ(豚スネ肉グリル)などの定番ドイツ料理、ライン地方の郷土料理までメニューがとっても豊富(メインで約10ユーロ~)。夏期には向かいの教会の前にもビアガーデンが登場し、こちらも良い雰囲気です。

<DATA>
Zum Schlüssel
住所:Bolkerstr. 41-47
TEL:0211-8289550
営業時間:日~木10:00~24:00、金・土・日10:00~25:00

グルメなカリー・ブルスト専門店 カリー

curry

ファストフードとは思えないグルメなカリーブルスト。シンプルなのに妙に美味しいキャベツサラダも人気メニュー

ドイツの国民的ファストフードといえば、ソーセージにケチャップとカレー粉をかけた「カリー・ブルスト」。インビス(軽食店)やソーセージのスタンドでささっと立ち食い、というのが一般的なスタイルですが、最近はドイツ各地でお洒落なカフェやレストラン風のカリー・ブルスト専門店が増えています。その元祖ともいえるのが、デュッセルドルフのハーフェン地区、フランク・ゲーリー作モダン建築の目の前にある「カリー」。パリッとジューシーなソーセージはもちろん、ここではポメス(フライドポテト)もおすすめ。ソースもすべて手作りで、にんにく風味やサテソースなど約10種類から選べます。キャベツのサラダがこれまた美味しいのでぜひお試しあれ。カリーブルストにポテト、サラダを付けても10ユーロ以下とお値段も良心的です。

<DATA>
Curry
住所:Hammerstr. 2  ※Moltkestr. 115とショッピングモールShadow Arkaden内にも店舗あり
TEL:0211-3032857
営業時間:
【2~11月】日~土曜11:30~23:00、金・土11:30~24:00
【12・1月】11:30~22:00
アクセス:トラムStadttor駅から3分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。