花街の雰囲気を感じる先斗町

通りの東側のお店には床が設置される

先斗町(ぽんとちょう)の夜景

「鴨川納涼床」は、上木屋町、先斗町(ぽんとちょう)、西石垣、下木屋町と4つのエリアにわかれています。特に先斗町は祇園と並ぶ有名な花街で、茶屋が並ぶ先斗町通りや細い路地を散策してみるのも一興です。

現在は、京料理や懐石料理から洋食やイタリアン、気軽なカフェまで様々なお店も並びます。「鴨川納涼床」は夜が中心ですが、一部の店舗で5月と9月のみ昼床の営業もあるようです。また、床席は人気があるようなので、お食事をされる場合は、ご予約をお勧めします。

※店舗のご紹介は、京都鴨川納涼床協同組合が運営する「京の風物詩 鴨川納涼床への誘い」のサイトをご参照ください。
対岸から見た納涼床

離れて見ると連続した光がきれい

夜風に当たりながら食事やお酒を楽しんだ後は、鴨川の河原へ降りて散歩してみるのもよいでしょう。訪れた時も夜遅くまで多くの人が河原に集まっていました。

夜景を見る視点としては、途中にかかる橋の上や、対岸からみるとお店の灯りが連続して見え、全景を楽しむことができます。暑さが厳しい京都の夏は、水辺で夕涼みをしてみてはいかがでしょうか。


【関連記事】
京都夜景の新しい風物詩 東山花灯路