3Dじゃない3DS

3DSの図

3DSが売りの3DSから3Dをとった2DSが発売!?

任天堂から驚きの発表がありました。なんと、ニンテンドー3DS(以下3DS)シリーズの新たなモデルとして、裸眼立体視を削除したバージョンを発売するというのです。それってもう、3DSとは言えないんじゃ……そんな声も聞こえてきそうですが、そうなんです、新しいモデルの名前は3DSではなく、「ニンテンドー2DS(以下2DS)」というのです。

2DSは北米と欧州で10月12日に発売を予定していて、北米価格は129.99ドル。通常の3DSが169.99ドルですから、40ドル、ざっと4,000円程お安いということになります。ちなみに、日本での発売予定は今のところ発表されていません。

3DSという名前が示す通り、裸眼立体視の機能は3DSのアイデンティティとも言うべき機能です。3DSから3Dを削るなんて、随分と大胆ですよね。2DSは裸眼立体視だけでなく、価格を抑える為に色んな工夫をしています。そこまでして4,000円安い廉価モデルを作る理由とはなんなのでしょうか?

そこには、日本市場の感覚とは少し違う、海外市場の理由があります。2DSがどんなハードなのかをご紹介しつつ、任天堂の狙いについて考えてみたいと思います。

折り畳めない、重たくなった、モノラルスピーカー

2DSの図

畳めないその姿はまるで別のハードのようです

まずは2DSが3DSと比べてどこが変わったか、主な特徴をご紹介していきたいと思います。一番分かりやすいのは外観でしょう。なんと、折り畳めなくなりました。折りたたみ部分というのは3DSの構造上の急所ではありますから、頑丈そうではありますが、はっきり言って持ち運びしにくそうです。

女性の小さなバッグに入れるのはちょっと、という感じです。今まで3DSは折りたたむことでスリープモードになっていましたが、2DSは折りたためませんので、スリープモードにするスイッチが搭載されています。スピーカーも1つに、つまりモノラルスピーカーということになります。ただし、ヘッドホン端子の方はステレオです。また、ほんの少し、25gだけですが重くなります。画面サイズは上下共に従来の3DSと変更なしということです。

初めて見ると、裸眼立体視の機能が無いことよりも、畳めなくなったそのフォルムの方にビックリするかもしれません。とにかく安くできるならなんでもやって安くしろという感じですが、何故ここまでして、価格を下げたモデルを作ったのでしょうか?