死。永遠の別れ。大切な人との永遠の別れが、いつどのような形かということも分からない中でいつか必ず訪れるということは、誰もが直視したくない現実です。角野栄子さんの絵本『おだんごスープ』は、伴侶を亡くした1人のおじいさんの姿を通し、亡くなった人が遺すものについて、温かく包み込むように伝えてくれます。


 

深い悲しみと寂しさの中でおじいさんが思い出したもの

伴侶を亡くしたおじいさん。最初のページのおじいさんには、体全体に、そしておじいさんの周りの空気にも寂しさが満ちています。生気を失ったおじいさんは、牛乳屋さんが持ってきてくれたミルクを飲んで、買ってきたパンを食べて、1日中座って過ごし、幾日もが過ぎました。そんなおじいさんはある朝、目が覚めてつぶやきます。「あったかいスープが のみたいなあ。おばあさんがつくってくれた おだんごスープが のみたいなあ」。

おじいさんの家の台所には、大きさの違う鍋が5つ、並んで置かれていました。おじいさんは、一番小さい鍋を使い、自分のためにスープを作ろうと思い立ちました。その時おじいさんに、生前のおばあさんが、スープを作るときにいつも歌っていた歌が浮かんできました。

「ぐらぐらおゆに おにくのだんご まるめて ぽとん、さいごに しおとバターとこしょうを少々・・・・・・」。

おじいさんは市場に出かけ、ひきにくを買ってきます。おばあさん亡き後、おじいさんが初めて、自分から起こした行動でした。

おだんごスープが完成すると、美味しそうなにおいにつられたか、3匹のねずみが登場します。腰をかがめ、ねずみたちに優しい眼差しを向けるおじいさん。小さな鍋からねずみたちにスープを分けて与えてやると、おじいさんの分は少ししか残りませんでした。


おばあさんの歌がよみがえっていくにつれ、にぎやかになるおうち

おじいさんが思い出したおばあさんの歌は、実は一部でしかありませんでした。おじいさんは、訪れる来客のために、1つずつ大きな鍋に替えて毎日おだんごスープを作るたびに、おばあさんの歌の全体を少しずつ思い出していきます。鍋が段々大きくなり、おじいさんのおだんごスープがおばあさんの味に近づくにつれて、さらにたくさんの来客が、おじいさんの家を訪れます。最後には、一番大きな鍋を使って作ったおだんごスープでも、おじいさんの分は少ししか残らないほど、家はにぎやかな来客たちでいっぱいになりました。

読み進むにつれ、おじいさんとおばあさんがこれまで築いてきた暮らしに、思いがめぐります。2人とも元々、周囲の人や動物に向けて、温かいまなざしを持っていたのかもしれません。おばあさんが作る料理に、鼻をひくつかせている存在が、おばあさんが亡くなる前からいたのかもしれません。おばあさんという存在を失って沈んでいたおじいさんですが、おばあさんが亡くなる前から、近所に住む人たちと交流していたのでしょうか。それとも、おだんごスープがきっかけになり、家族以外との交流の温かさに気付いたのでしょうか。

いずれにしても、大勢のかわいい来客をもてなすおじいさんは、とても忙しそうで、次第に生き生きとした若々しい表情に変わっていきます。空になった鍋やたくさんのお皿を目の前に「よし、あしたは ぜんぶのおなべにスープをつくるぞ」と考えるのです。


必要としてくれる存在がいる

人は大切な存在を失った時、色々な形でその現実を受け止めようとします。死という永遠の別れほど苦しいことはなく、引きとめたくてもそれが現実になってしまった。帰ってきてほしいけれどそれはかなわない。だから、その人との思い出をどこまでも繰り返し振り返る。別れの儀式をして気持ちに区切りをつけようとする。悲しく寂しいですが、それしかできません。

家族に先立たれた悲しみ、寂しさ。この世界中に、常に存在するもの。生あるものが営む毎日の中で、繰り返される出来事。亡くなった人を思う気持ちは、ポツンとその場に置かれたままで、日常は淡々と流れていきます。そんな中で心を癒してくれるのは、やはり、時間の流れと、周囲の存在とのやりとり、自分以外の存在のために何かをするという行為なのでしょうか。おじいさんにとっては、そのきっかけとなったのが、おばあさんが作ってくれた美味しい「おだんごスープ」でした。自分がこの世からいなくなった時に、残された大切な人たちに遺せるものは何だろうかと思い、大切な人と過ごす日常のひとこまひとこまについて、思いが巡りました。

おだんごスープを食べつくした客たちがいなくなり、1人ぼっちになったおじいさんの顔は、これから先を眺めているようです。最後のページのおじいさんの笑顔は、命には限りがあるということをおぼろげに認識し出す、幼児期の子どもの心にも響くようです。「おだんごスープ、作って!」という声に、我が家独自の味のおだんごスープを作りたくなってしまうかもしれませんよ。




あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。