小中学生の塾は選択肢がさまざまで、塾選びに頭を悩ませる親が多いです。「大手進学塾、集団と個別の長所と短所」では大手チェーンの進学塾にフォーカスしました。今回は個人経営の塾にフォーカスし、進学塾と補習塾の長所と短所をお伝えします。

個人経営・進学塾・集団授業形式の塾

進学塾と補習塾の長所と短所を知って、賢い塾選択をしてください。

進学塾と補習塾の長所と短所を知って、賢い塾選択をしてください。

≪長所≫
「地元人気校の合格率が高い」

個人経営・進学塾・集団授業形式の塾すべてに当てはまるわけではありませんが、比較的、地元の学校の合格率が高い傾向にあります。大手チェーン塾と違って個人経営の塾では毎年定期的な人事異動がありません。その塾の講師達は長年その地域で指導の経験を積んでいます。地元人気校に合格するには何が必要で、どのようなスケジュールで指導すれば合格の可能性を高められるかを熟知しているわけです。高校受験では中学校の内申が合否の基準に加味されますが、近隣中学の先生がそれぞれどんな定期試験を作成する傾向にあるかなどの分析も行っており、定期試験対策にいかしています。

「指導時間の長さ」
大手のように全教室一律のカリキュラムに厳密に乗っ取って指導しているわけではなく、クラスや生徒の学習状況、志望校に合わせて指導をしています。正規の授業時間以外に補習をしたり、授業を大幅に延長することもよくあります。授業料以上の手厚い指導を受けられるのも個人が経営している集団指導塾のメリットです。

≪短所≫
「近隣以外の学校の受験情報は大手に比べて今ひとつ」

大手塾は教室数が多いので、それだけ広範囲の学校の情報が集まります。守備範囲外の学校を受験する生徒が出てくれば、その学校の近くにある教室の教室長に聞いて情報をすぐに聞き出せるネットワークがあります。個人経営の塾はそうもいかないので、近隣以外の学校を志望している場合は大手の塾を検討するのもいいでしょう。

「授業レベルがその年の生徒の学力に左右される」
大手進学塾はあらかじめクラス数が決まっていて、クラスごとの想定目標校が決まっています。個人経営塾は生徒が多く集まればクラスを増やすという、塾生数に合わせたクラス編成になります。毎年、塾生の学力レベルは違うので、入塾を決める前に全教科の授業を体験してから気分に合うかどうかを吟味しましょう。

個人経営・補習塾・集団授業形式の塾

≪長所≫
「学校の学習内容にマッチした勉強ができる」

補習塾の役割は「塾選び、進学塾と補習塾のちがい」でもお伝えしましたが、「学校の授業内容理解や定期試験で点数を取れるように指導すること」です。学校の授業がよくわからない、何らかの理由で不登校であるという場合など、学校の学習内容に沿った勉強をすることができます。中学生は進学塾に比べてずっと多くの時間を使って定期試験の対策もしてもらます。勉強したことが点数に表れやすく、勉強が苦手であってもやる気が出るように、講師が誘導してくれます。

「苦手科目をじっくり見てもらえる」
進みが早い進学塾と違って、補習塾の授業進度は学校と同じなので比較的ゆっくりです。苦手科目をじっくり見てもらるので、克服できたところで進学塾に転塾という子も多いです。逆に進学塾に通っていたけれど、授業についていけず、補習塾で勉強をやり直すという子もいます。

≪短所≫
「受験勉強には不向き」

指導内容があくまで学校レベルの内容です。中学受験はもちろんのこと、偏差値50以上の高校受験において入試問題で得点力を高める指導を受けたいのなら進学塾に通いましょう。

「自習室などの設備が劣る」
大手塾や進学指導を中心としている個人経営塾と違い、どうしても設備面が劣る傾向にあります。授業が行われている教室の後ろで自習をするというのが一般的です。ただその分、月謝や設備維持費などが安価なので経済的だということもできます。

さて、いががでしたでしょうか。個人経営の塾を進学塾と補習塾に分けて紹介してみました。ただ、個人経営塾は大手チェーンの塾よりも、それぞれの塾が個性的です。なかには「じつはスゴい! 個人経営塾の意外な特長」で紹介したような、熱血個性派の塾もありますが、珍しいことではありません。まずは進学塾と補習塾の長所と短所を知ったうえで、賢い塾選択に役立ててくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。