容赦なく降り注ぐ紫外線に、ムワ~ッとする湿度、かと思えば、冷房や冷たい物の食べ過ぎでカラダの巡りが悪くなれば、自律神経や代謝リズムが乱れて肌に影響が出ないほうがおかしい。となれば、積極的にエイジングケアのコスメを投入して、夏老化を防ぐのが正解!

2013年は最新テクノロジー搭載のエイジングコスメが目白押し!

そんな夏を見越したのか、2013年上半期、最新テクノロジーを搭載した優秀なエイジングケアコスメが続々と登場しました。理論や技術の斬新さ、テクスチャーや使い方のユニークさなど、「コスメって楽しい!」と純粋に思えたほど。この流れは、下半期にも受け継がれ、エイジングコスメの進化はすごいことになっています! これはまた別の機会に!

そこで個人的にベストコスメだった3品をご紹介! 

お手入れは美容液だけ!?なのに毛穴レスな理想肌に


上半期いちばんに感動したのが、1月に発売されたドクター津田コスメラボの美容液2品。開発者の津田攝子先生は、20年以上前から化粧品開発に携わっていて、「自分が本当に欲しいものを作る」という姿勢のお方。だからこそ、効果感はもちろん、テクスチャーや使い勝手など、とことんこだわり、これまでもハンパなものを出したことがないほど。そんな津田先生が独立後初めてオリジナルブランド「TSUDA SETSUKO」を発表したとあって、使う前から興味津々だったのですが、使ってみてびっくり。

創傷治癒に用いられるフィルム膜をヒントに、強い守りで肌荒れを防ぎ、キュッと引き締まった肌へと導く「フィルムアップトリートメント」を洗顔後の肌に2プッシュ。次に、超高浸透ビタミンCを贅沢に高濃度配合した「パーフェクト C エッセンス」を2プッシュ。お手入れとしてはこれだけなのに、つけた瞬間のウルッと感もさることながら、翌朝、そして1週間後……と、確実に毛穴が目立たなくなり、肌レベルが上がる。しかも、ちょっとやそっとでは揺らがない肌に! シンプルさに加え、この効果感で、すでに2本ずつ使い切ってしまったほど。これからも、困ったときの「津田頼り」になりそう(笑)。

2本の使用量、使用順を変えることでどんな肌タイプにも対応 2本の使用量、使用順を変えることでどんな肌タイプにも対応。


2本の使用量、使用順を変えることでどんな肌タイプにも対応

2本の使用量、使用順を変えることでどんな肌タイプにも対応




ドクター津田コスメラボ
 
TSUDA SETSUKO フィルムアップトリートメント・パーフェクト C エッセンス 各30ml 7,350円



美肌ビタミン、ビタミンCの実力が凝縮

もう1つ、ヘビロテだったのが、ペリコン MDから登場した夜用美容クリーム「VC エステル 15」。ペリコン MDは、美容先進国アメリカで生まれたドクターズコスメ。こう聞くと「効果はありそうだけど刺激がありそう」と思われがちだけど、意外や(失礼!?)使用感が穏やかなんです。でも、ビタミンCエステルをペリコンMD製品の中で最も高濃度に配合ですから、正直使う前はドキドキ。ビタミンCといえば、抗酸化力に、細胞再生、抗炎症、美白……とさまざまな美容効果があると言われていますが、刺激があることでも有名。ところが、チューブから出したクルームを肌にのせると、スルスルッと溶けて肌に浸透し、肌表面はサラッ。刺激? 全然ないんです。なのに、つけた瞬間から肌の明るさは確認できるし、何より翌朝のふっくら感は感動モノ。すっかり虜に。保存性の問題だと思うけど、2週間使い切りのチューブだから、旅先にも持っていけ、本当にこの夏大活躍でした。
夜、美容液感覚で取り入れてOK 夜、美容液感覚で取り入れてOK

夜、美容液感覚で取り入れてOK

夜、美容液感覚で取り入れてOK


パシフィックビューティー ペリコン MD VC エステル 15 10ml×4本入り 12,600円


あくまでも「個人的」なので、かなりニッチですが、自信を持っておすすめできるものばかり。これらは夏だけでなく、この冬にも活躍する予感です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。