下回転をかけた短い球を相手コートに返すレシーブ方法

ツッツキとは……名前の通り、ラケットを前につっつくように出す打ち方のこと。

ツッツキレシーブは相手のサーブを返すときなどによく使います。
下回転をかけた短い球を相手コートに返す基本的なレシーブです。

■方法
  1. 相手のインパクトをよく見ます。
  2. ボールのコースや回転を見極めながら移動します。

■ポイント
フォアハンドの場合は打点が身体の斜め前にくるように、バックハンドの場合は打点が身体の真正面にくるようにします。

腰が逃げた状態では、ツッツキが切れずコントロールも付きません。


   3. 回転の強さに合わせてラケットの角度を作ります。

■ポイント
ツッツキでは相手ボールの回転量を瞬時に判断することが重要です。

下回転量が多いとボールはゆっくり重そうに飛び、ラケット面をやや上向きにし打球します。

下回転量が少ないとボールはスピードが落ちず軽そうに飛び、ラケットをやや立て気味にして打球します。

   4.しっかりと回転をかけ、相手コートに返します。

■有効な練習方法
  • 二人一組でツッツキ対ツッツキを行う。
  • 多球練習で、カット性のボールを打ってもらい練習する。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。