「桃核承気湯」はどんな人・どんな症状にいいの?

イメージ

冷えて腸の働きが低下しているタイプの便秘には不向き

ほてりやのぼせなどの熱症状や便秘がある人に。出血、月経不順、痔、湿疹など、炎症性の血流障害がある人に。

「桃核承気湯」の効果

便秘、肩こり、のぼせ、夜間の発熱、下腹部の張り、出血、月経不順、子宮内膜炎、血の道症、痔、急性大腸炎、腸閉塞、歯痛、打撲、湿疹、やけど、ニキビなど。

「桃核承気湯」に入っているもの

桃仁(バラ科モモの種子)、大黄(タデ科の根茎)、桂枝・桂皮(クスノキ科のケイの若枝や樹皮)、芒硝(天然の含水硫酸ナトリウムや硫酸マグネシウム)、炙甘草(マメ科などの根やストロン)

「桃核承気湯」が合わない人

本来、熱と血流障害があわさり、小腸で炎症を起こしている状態を改善するものなので、血液の滞りや熱症状がなければ用いないこと。

なお血流障害=オ血を改善し、子宮を収縮させたり、便通をよくする生薬も配合されているため、妊婦は慎んでください。

「桃核承気湯」の飲み方などの注意点

■ 飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事の前の30分前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人は食後、通便させるクスリは空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れた場合は食後でいいので、飲みましょう。

■ 「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。

「桃核承気湯」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質など場合、不快な症状や副作用が出る場合があります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「桃核承気湯」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な商品名:(アイウエオ順)
  • 一元 桃核承気湯 (一元製薬)
  • クラシエ 桃核承気湯エキス顆粒 (クラシエ薬品)
  • JPS漢方顆粒-33号 桃核承気湯 (JPS製薬)
  • ツムラ 桃核承気湯エキス顆粒 (ツムラ)
  • マツウラ 桃核承気湯エキス細粒 (松浦漢方)

「桃核承気湯」の漢方的メカニズム<中級者向けトリビア>

熱邪と血が小腸であわさった蓄血証を改善し、滞っている便を体外へ出します。

■ 具体的な生薬の効能
血行を促進し、うっ血などを改善する桃仁と大黄が主薬で、熱の邪気とオ血を取りのぞきます。なお油分を含んでいるので、便が出しやすくなります。桂枝は血管を拡張して血行をよくし、桃仁の働きを補助します。

芒硝は熱を冷まして便通をよくし、大黄のサポート役になり、炙甘草がほかの薬の峻烈性を緩和します。全体で清熱と活血する処方になっており、その効能により適応範囲が広い漢方のひとつでもあります。

「桃核承気湯」のおまけのエピソード

承気とは気をめぐらすことを意味し、このほかの承気湯類には大承気湯、小承気湯、調胃承気湯の3つがあります。

熱を冷まし、たまった大便を出す力が一番強い大承気湯、大承気湯から芒硝と炙甘草をのぞき、枳実と厚朴を加え、膨満感をとる働きを高めた小承気湯、そして作用がもっとも穏やかなのが調胃承気湯と、それぞれ症状や程度により適応が異なります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項