ダブリンからのバスの旅

11

流れる緑の景色か美しいバスの旅

日本からアイルランドに行く場合、ダブリンから入国しダブリン観光後、そのほか郊外の遺跡や地方都市などを1、2箇所まわりたいという方が多いのではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、現地で簡単にアレンジできるバス旅行。

10

途中美しい古城を目にすることも

「英語はあまり得意ではないけど大丈夫かな?」という方でも心配いりません。ダブリンでのバス旅行のアレンジは、意外に簡単。気軽に参加できるデイツアーが充実しているので、ふと思い立ってから計画を立てても参加できますよ。

そのほか、旅の上級者におすすめなのは、ご自身でバスに乗って地方都市を訪れ、気ままに観光をするという方法。こちらはリーズナブルな料金も魅力です。

 

デイトリップで行くダブリン郊外の旅

1

ダブリンSuffolk St.にある石造りのインフォメーションセンター

ダブリン周辺にはグレンダロッホをはじめ、タラの丘やニューグレンジなど、キリスト教やケルト文化といったアイルランド独自の文化を体感できるスポットが点在しています。これらのスポットへのバスツアーは人気が高く、基本はバスに乗っていれば着くのでお手軽ですし、同じバスでその日のうちにダブリンに帰って来れるのもポイントです。

2

ショッピングエリアからもほど近いので立寄りやすい

申し込み方は簡単。ダブリンのSuffolkストリートにあるインフォメーションセンター「Discover Ireland Centre」に行き、希望のスポットと希望の日程を伝えれば、その日に催行しているツアーを紹介してもらえます。基本はこちらでツアー詳細を教えてもらい、決められた集合場所に指定された時間に集合、そこで料金を払うという流れになります。集合場所はツアーによってまちまちですが、ダブリン中心地の分かりやすい場所が指定されることがほとんど。心配な方は、事前に観光の合間などに一度足を運んでみるといいかもしれません。

情報集めの際に重要なのは、ツアーバスの出発地点とバスで支払う金額をしっかり聞きとること。ツーリストインフォメーションの方は多少いろいろなアクセントの英語に慣れているのでこちらの言うことはたいがい理解してもらえると思いますが、あちらの言うことを聞き取るのが難しい場合は、メモ帳を準備し紙に書いてもらうと間違いがなくおすすめです。

<DATA>
■Discover Ireland Centre Dublin Suffolk Street
(インフォメーションセンター)
住所:Suffolk Street, Dublin 2
営業時間:月~木9:00~17:30、日曜・バンクホリデー10:30~15:00
休館日:12月24・25日、1月1日