大阪の人気ホテルはどこ?

大阪のホテルには独特の雰囲気がある。今年2010年10月にはNYの名門ホテル「セントレジスホテル大阪」(客室159室)が、御堂筋と本町の交差するオフィス街にオープンするため、久々にホテルが話題になっている。東京在住の方々に、「大阪で好きなホテルは?」と訊ねると結構バラバラの答えが返ってくる。

例えば、外資系の銀行に勤めている友人Aは、「文句なくザ・リッツ・カールトン大阪。何度かリピートしているけどサービスのレベルでは群を抜くね。特にフレキシブルなサービスの対応力にはいつも感心させられる」との評。

では、女性群はどうであろうか。同業のベテラン雑誌編集者に訊ねると、「断然、リーガロイヤルホテル。ここのクラブフロアーの朝食は“世界一の和食”というぐらい最高レベル。ご飯から惣菜に至るまで最高峰の食材が使われている。サービスも満点。これが無料なんだから信じられない!」と激賞。

なんだか面白くなってきた。人様々である。年齢や男女差、職業によってどうも人気ホテルはバラバラである。大阪の場合、キタとミナミという大きな繁華街があり、訪問地によってはこの違いで好きなホテルがばらけているという分析も可能だろう。

若い層では宿泊特化型ホテルの名前が挙がる。ただしファッション性が重視されていることにも注目したい。例えばクロスホテル大阪、ホテルモントレ大阪、ホテルビスタプレミオ堂島、ホテルイルモンテなどは20~30代に絶対的な支持を集めている。インターネット宿泊予約などを見ても、これらのホテルは常に人気があり、予約を取るのが難しいという。