子供も喜んで食べてくれる「魚介類と漬物の祭り寿司」

 

 魚介類と漬物の祭り寿司の出来上がり!

 

 あとは食べる時に海苔を散らし、少しお醤油とわさびを付けて食べるだけ


簡単なのに見栄えもするので、人数が多い時におすすめなのが魚介類と漬物を刻んで混ぜた祭り寿司です。

特に決まりはないので、好きな材料を入れれば良いのですが、海辺でのアウトドアなら、地元の魚屋で新鮮な魚介類を入手するのもおすすめ。

お寿司ごはんは子供も喜んで食べてくれます!

材料

  • ご飯(飯ごうで炊いても、コンビニなどで買って温めてもらってもOK)
  • まぐろ、ほたて、白身魚などのお刺身
  • 万能ネギ
  • たくわん(甘めのほうが合います)
  • 白ごま
  • だし醤油、醤油、みりん、すし酢

作り方

  1. 大きな器(寿司桶がGOOD)にご飯を入れ、すし酢をかけ回し混ぜる
  2. まぐろ、ほたて、白身魚などの魚介類はひとくちサイズにコロコロと切る
  3. まぐろの半分は、だし醤油・醤油・みりんで作った調味料に浸して「漬け」にする(30分ほど)
  4. たくわんもひとくちサイズに切り、万能ネギはみじん切りにする
  5. 魚介類やまぐろの漬け、たくわんなどをバランス良く、1.の上の乗せ、万能ネギをかけ、白ごまを散らす
  6. 食べる時に海苔を散らし、少しお醤油とわさびを付けて食べる

ポイント

  • 材料はこれに限りません。お好きなものを。お刺身類は途中のスーパーなどで入手してもいいと思います。トッピングは万能ネギのほかにも青しそ、きざみ生姜、かいわれなどもGOODです。
  • 彩りもきれいでまぜるだけで簡単! 酢飯と魚貝で朝から食欲が湧きます。



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。