虫が原因の接触性皮膚炎の症状……紅斑・丘疹、痒み・痛みも

かゆみのイメージ

触れただけで湿疹や痒み、痛みなどの症状が起こる接触性皮膚炎。金属や植物だけでなく、虫が原因で起こることもあります

接触性皮膚炎とは、その名の通り、皮膚に接触したものが原因で、接触した部分に、「紅斑(こうはん)」と呼ばれる赤い湿疹や、「丘疹(きゅうしん)」と呼ばれる盛り上がった湿疹、水泡などが生じる皮膚炎です。痒みや痛みを伴うことがあります。

接触性皮膚炎については、以前「アトピーと類似! 治しやすい接触性皮膚炎」でも詳しく解説しましたが、通常は金属や植物が原因で起きることが多いです。しかし、虫が原因で起こる場合もあります。

接触性皮膚炎の原因となることが多い、毒性のある虫についてご紹介します。

<目次>  

やけど虫に刺されたら……やけど虫の画像・症状・治療法・薬

やけど虫・アオバアリガタハネカクシ

「やけど虫」と呼ばれる、アオバアリガタハネカクシ。体長は7mm程度ですが、触れただけで虫の形に皮膚炎が起きます

やけど虫は、「コウチュウ目ハネカクシ科アオバアリガタハネカクシ」という正式名称を持つ昆虫です。

「刺される」と書きましたが、実際には刺されなくても皮膚についただけで、皮膚が「やけど」のような状態になります。「やけど虫」と呼ばれているのはそのためです。

夏に多く、注意すべき時期は3月から11月ぐらいまで。虫体、体液に「ペデリン」という毒があり、これによってやけどのような皮膚炎を起こすようです。この虫の形に皮膚炎が起こり、皮膚炎の形が線状であることから「線状皮膚炎」とも呼ばれています。

日中は草むらなどの湿った場所にいて、夜間に明かりを目指して集まります。そのために、ナイター施設のある所でこの虫を見つけることがあります。

虫の体液がついてから数時間から1日で、発赤や小さな膿をもったぶつぶつが出て、数日後にただれます。治療は、ステロイド外用剤です。

予防法はやけど虫に接触しないことにつきますが、もしもアリに似た虫が皮膚についているのを見つけたら、決して潰さないようにしましょう。すぐに流水で洗い流して取るようにしてください。
 

チャドクガなどの毛虫に刺されたら……画像・症状・治療法・薬

チャドクガの幼虫・毛虫

接触性皮膚炎を起こすチャドクガの幼虫。一般的に「毛虫に刺される」と言われる状態は、毒針毛によりかぶれが起きた状態です

ドクガ、チャドクガ、モンシロドクガの幼虫である毛虫が肌に触れることでも、接触性皮膚炎が起きます。一般的に「毛虫に刺される」と言われることが多いようですが、実際にハチのように刺すわけではなく、性格には毒を持つ毛が原因で起こる「かぶれ」です。特に初夏に多い皮膚炎です。

毛虫の形によって皮膚炎の種類が変わります。たくさんの毛に毒がある「毒針毛型(どくしんもうがた)」の場合は、かゆくて赤いブツブツが起こり、毛虫のからだの表面にするどいトゲがある「毒棘型(どくきょくがた)」の場合は、棘が刺さった部分に痛みが起こります。

ドクガの仲間の毛虫は、チャドクガ、モンシロドクガなどです。チャドクガはツバキ、サザンカ、チャノキなどの庭木の葉っぱを、モンシロドクガはサクラ、ウメ、クヌギなどの樹木の葉っぱをエサにしているので、緑の多い場所に遊びにいくときなどは特に注意しましょう。チャドクガの毛虫は5~6月と8~9月に出現します。

症状としては、これらの毛虫に接触してから数時間で発疹が出てきます。処置としては、刺さっている毛を除くためにテープで接触した部分をくっつけてはがし、シャワーで洗い流します。

治療はステロイド外用約薬です。1週間以内に痒みはなくなります。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項