ブルーカラーを使って涼やかに

■キャンドルと紙ナプキン
キャンドルと紙ナプキン

コーディネートのどこかにブルーを入れると涼やかさが増します


ブルーのスカイツリーの形のキャンドル、グラスキャンドル、キャンドルホルダー(写真中央)を使ってコーディネート。紙ナプキンもブルーを選びます。


■切子の器
切子の器

江戸切子の色は透明ガラスの上に色つきガラスを被せて冷やしてからカットして模様を出します

切子の器を使うと涼やかに見せることができます。画像の鉢は、江戸切子です。江戸切子には赤、紫、黄色など他にもいろいろな色がありますが、青色は一段と涼やかに見えます。

 
■陶器の皿
陶器の皿

植物の葉を表現した正方形の皿です

青色で植物の葉が描かれた地模様に、銀彩で葉脈を加飾した焼物。ガイドは自宅で夏によく使う皿です。

 
■テーブルクロス
テーブルクロス

薄い藍染でも涼やかに演出できます

食空間全体でブルーの割合を多くすると、涼やかに見せることができます。ブルーのテーブルクロスを使えば、面積も大きいので簡単に涼やかコーディネートができます。テーブルマットだけでも、あるいはランナーにも同じような効果があります。

 
■花
花

デルフィニュームの花です

テーブルやテーブル周りの家具の上にブルーの花を飾ると食空間全体が、涼やかになります。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。