新幹線に格安かつチケットレスで乗れる方法がある

出張などで新幹線を頻繁に使う人は必見のお得なサービス!

出張などで新幹線を頻繁に使う人は必見のお得なサービス!

出張が多い私にとって、いかに移動の交通費を安く上げるかは重要なテーマです。かといって、近距離で飛行機を使うと、確かに安いのですが、疲れます。

先日も東京・羽田から大阪・伊丹へ飛行機で移動しましたが、都内の自宅→モノレールで羽田空港→伊丹空港→バスで大阪市内と、乗り換えプラス待ち時間で、かなり疲れました。飛行機は待ち時間も長くなるので、時間のロスも大きくなります。

また、新幹線を使っても、本当はパックツアーで行くのが最も安いのですが、私の場合はいったん大阪に寄ってから岡山とか、岡山からは東京まで直接帰るとか、変則的なスケジュールが多いので、ちょっと使いにくいのです。

そこで、JR東海のEX-ICサービスを利用するようになりました(※1)。

東京-新大阪、新大阪-岡山ともに、片道1000円ちょっと安い。グリーン席なら2000円くらい安くなる。我が家はみな出張が多い生活ですから、家計全体ではかなりコスト削減になり、結構助かります。

うれしいのは、パソコンやスマフォで予約だけでなく座席指定もできて、チケットレスのICカードで乗れること。予約の変更も直前まで何度でも無料でできます。

安さだけなら自由席の回数券ですが、車内で快適に仕事ができるように指定席にしたいのです。今も大阪行きの新幹線の中でこの原稿を書いていますが、3人席に自分ひとりで快適です。これならグリーン車じゃなくてもOK。

カードの年会費がかかるため、新幹線の使用頻度が高いほうがお得

ただし、クレジットカードの年会費が1050円(※2)かかるので、それなりに使わないとペイしません。それに、通常の新幹線のチケットは都内のJR運賃は無料(コミの金額)なのですが、このサービスでは東京駅までで、それ以外の異動は別料金です。

我が家は東京駅まですぐなので(片道130円)問題ないのですが、自宅が東京駅から離れている人は、比べてからのほうがよいかもしれません。

参考までに、新幹線の料金自体にも安い方法があります。それは「こだま」で行く「ぷらっとこだまエコノミープラン」です。東京から新大阪まで、1万円です。

時間はちょっとかかりますが、車内で仕事ができるノマド派の人であれば、東京・新大阪間でプラス1時間長くなっても何とかなるでしょう。普通席が苦痛なら、グリーン車でもプラス1500円です。

(※1)EX-ICサービスを利用するには、JR東海「エクスプレス・カード」またはJR西日本「J-WESTカード(エクスプレス)」への入会が必要。いずれかのカードを作ると、後日「EX-ICカード」が届き、EX-ICサービスを利用できるようになります。

(※2)JR東海「エクスプレス・カード」とJR西日本「J-WESTカード(エクスプレス)」のいずれも年会費は1050円かかります。

【関連記事】

タダのネットサービスを利用する
カーシェアリングで金持ち体質を目指すコツ
副業でお金を稼ぐときは無料の集客ツールを活用
金持ち体質はバーゲンを戦略的に活用する
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。