トイレに本棚を作るリフォームで、もっと充実した個室タイムを楽しみましょう。壁の厚みを利用して中に埋め込んでしまえば、狭くても大丈夫!ジャマにならずにスッキリ収まります。収納や飾り棚にも応用できます。

トイレに本棚を作るリフォームで、もっと楽しく暮らそう

トイレは憩いの場

もっと充実したトイレタイムを送るための楽しいリフォームをしてみよう。

トイレでスマホをいじったり、読書をしたり、何となく落ち着くという人も多いのでは?どうせ毎日何回も入る部屋なら、充実したトイレタイムが過ごせる、楽しいリフォームをしましょう。

例えば、壁に本棚を取り付けるリフォームをすれば、お気に入りの本を入れておけるのはもちろん、コレクションの飾り棚としても使えます。トイレは、家族全員が毎日使う場所であり、お客様に使って頂く機会も多いので、みんなに見てもらえる最高の展示室になります。

 

文庫本やコミックス用の本棚なら、トイレの壁の中に埋め込める

トイレに本棚を取り付けると言っても、壁にそのまま取り付けてしまえば、出っ張るので、ただでさえ狭いトイレがますます狭くなります。中には、身体をぶつけて身動きができなくなってしまうことも。そこで、活躍するのが、壁の厚みを利用する「壁埋め込み本棚」です。

一般的に木造一戸建ての間仕切り壁は厚み14cm程度、マンションの間仕切り壁は厚み7cm程度あります。構造上重要でない、この間仕切り壁は中が空洞になっているので、そこに棚を作るリフォームのアイデアです。

サイズを測ると意外な事実も

文庫本やコミックスなら、本棚の奥行きは10cm程度で十分。飾り棚や収納にも使える。


本の奥行きは意外と小さく、文庫本なら約10cm、コミックスでも11cm程度のものが多いので、棚の奥行きは10cmもあれば十分です。マンションの場合は、壁が少し薄いですが、棚が少々壁から飛び出しても、それほどジャマになることはありません。

商品化もされている

壁の厚みを利用して取り付けリフォームができる収納セットもある(大建工業


DIYリフォームでも可能ですが、コンクリートの壁や、スジカイなどが入った構造上重要な壁、断熱材が入った外壁に面した壁への取り付けはNGですので、注意しましょう。

本棚は便座に座り、手が届く壁に取り付けリフォームを

トイレに本棚を取り付ける際には、使いやすい位置をよく吟味しましょう。大事なことは、便座に座った時に手が届く範囲に取り付けリフォームをしておくこと。座ったまま本の出し入れができるので、便利に使えます。

飾り棚なら、便座の正面が最高の位置です。座ってのんびり眺めることができます。その際は、棚の内部に小さな照明器具を埋め込むリフォームをすれば、コレクションをライトアップすることができます。

場所が大事

本棚は座ったまま手が届く位置が理想。飾り棚として一番よく見えるのは便座の正面。


トイレの本棚

壁をくりぬいて下地を入れ、板で組んだ棚をはめこむだけで完成。

注意したいのは、便座の背面に作ってしまうことです。座った時に全く見えず、本の出し入れも大変になります。取り付け位置は便座に座って確認しましょう。

壁埋め込み本棚の取り付けリフォームは、壁をくりぬき、次に棚を支える下地材を入れます。

そこに事前に板で組んだ棚をはめ込んで、ペンキで好きな色に塗装すれば完成!壁紙のリフォームの時に一緒にやれば、効率よくできます。

 

トイレットペーパーの直径は10cm、壁埋め込み本棚は収納にも応用

トイレットペーパーホルダー

壁の厚みを利用したトイレットペーパー収納。ぴったり入る(一級建築士事務所 OfficeYuu)

壁埋め込み本棚は、便利な収納スペースにもなります。例えばトイレットペーパーの直径は10cmですので、ちょうど収まる寸法です。

トイレ中は、便座に座ったまま出し入れしたい物がいろいろあります。そんな物を収納しておくのにも、この棚は便利に使えます。

トイレの収納と言うと、吊り戸棚が多いのですが、それだけでは不便なこともあります。本当に使いやすく便利にする、トイレ収納については、下記で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧下さい。 いかがでしたか?トイレに本棚や飾り棚があれば、もっと充実したトイレタイムになります。ただし楽しすぎて長居し過ぎると、お尻にはあまりよくないもの。ほどほどに楽しい時間を過ごしましょう。

またトイレのビニールクロスの上からペンキを塗って、トイレの内装をリフレッシュした実例を下記でご紹介していますので、ご覧になってみて下さい。
【関連記事】



Copyright(c)2016 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。