猫と暮らす家-リフォーム実例
習性をよく考えて、人も猫も快適なプランに

猫は高いところに登ったり、狭い場所に隠れたりするのがが大好きです。また猫は、犬の散歩のように直線距離ではなく、上下の移動を行うことが必要であると言われています。そこで狭い部屋でも上下に運動してストレス解消ができるよう、隠れる場所や飛び上がるスペースを作りました。

パイン集成材で作ったキャットウォーク。段々に上っていけるように、壁面に棚板を階段のように取り付けている。

パイン集成材で作ったキャットウォーク。段々に上っていけるように、壁面に棚板を階段のように取り付けている。


上の写真は、猫専用スペースの天井近くの壁面に取り付けられたキャットウォークの様子です。パイン集成材で造作し、段々に登っていけるよう、壁面に棚板階段も取り付けました。

また窓を開けて空気の入れ替えをした時に、網戸を破って外に出ないように、網戸のアミはステンレス製になっています。ステンレス製のアミなら、樹脂製に比べて強靭なので安心して窓を開けて空気の入れ替えを行うことができます。

動物にはそれぞれ必要な運動や、大切な習性があります。また密接した住宅街ではご近所への配慮も必要です。猫と快適に暮らす家とは、人も猫もお互いが快適であること!下記に猫と人が一緒に快適に暮らすリフォームのコツをご紹介していますのであわせてご覧下さい。
■猫と暮らす!簡単リフォームで家を守る

またリフォーム中のペットトラブルが増加しています。ホコリで死んだ魚、工事中に迷子になる犬猫、ペットvs.リフォーム業者のトラブルなど、リフォーム現場で実際に起きたペットトラブル事例と、その対策を下記でご紹介していますのでご覧下さい。
■リフォームのペットトラブル急増! 事例と対策

猫と暮らす家にリフォームされた方のご感想

寝室から猫スペースを見た様子

寝室から猫スペースを見た様子

猫の事を考えて設計してくださりとても満足しています。臭いも気にならないし、部屋の仕切りをガラス窓にしたので暗くならず、猫の様子も良く見えるので、気に入っています。とにかくリフォームして良かった。家族も猫も大変快適になり喜んでいます。
設計・施工:(株)ウッディホーム成田支店 担当:小泉

【関連記事】
■犬と暮らすリフォーム-床材壁材の選び方
■熱帯魚を飼う! 水槽を置くリフォームの工夫
■家の臭いはどこからやってくる?
■消臭リフォームで家の 「ニオイ」 を断つ!

 


Copyright(c)2011 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。