リフォームのペットトラブルが増加しています。リフォームは住みながらの工事も多く、工事中はホコリや音が出たり、大勢の人が出入りするなど、普段とは違う生活環境となります。概してペットは人間よりも繊細ですから、環境の変化で様々なトラブルが起きてしまうことがあるのです。

そこで今回は、リフォームの現場で実際にあったペットのトラブル事例と、その対策方法についてご紹介します。

リフォームのペットトラブル
ペット自身が被害にあうだけでなく、業者とのトラブルも

リフォーム中は普段とは違う生活環境に。あなたの家のペットは大丈夫ですか?

リフォーム中は普段とは違う生活環境に。あなたのペットは大丈夫ですか?

ペット全盛時代と言われる現在では、犬猫の飼育数は2千万頭を超え、人間の子供より多い状況にあります。またウサギ、ハムスター、鳥、熱帯魚などの小動物を加えると、ペットが居る家で住みながらリフォームをするのが当たり前の状況になっています。

住みながらのリフォームでは、ペット達を驚かせたり不安にさせる要素がたくさんあります。リフォーム中に、ペット自身が被害にあうだけでなく、ペットとリフォーム業者との間でトラブルが発生してしまったケースもあります。
 

リフォームのペットトラブル
環境の変化に敏感なペット達。ストレスから体調を崩すことも

動物たちは環境の変化に繊細。身体が小さいので下痢が続くだけで危険なことも

動物たちは環境の変化に繊細。身体が小さいので下痢が続くだけで危険なことも

解体時には想像以上に大きな音が出ることもあります。また塗装ではいつもと違う強い臭い、そして自分のテリトリーに見知らぬ人たちが出入りをします。

ペットたちは環境の変化に敏感です。このような状態が長く続くと、警戒心が強いペットはストレスがたまり、脱毛症や下痢など体調を崩してしまうことがあります。

 【リフォームのストレスによるトラブル例】
  • 犬が庭の工事をサッシ越しに毎日見ていたら、そのうち下痢が始まり脱水症状に陥った
  • 出入りする大勢の職人さんたちに猫が緊張し、食事を取らなくなった
  • 壁を壊す大きな音を犬が怖がり、部屋のスミでずっと震えていた
住みながらリフォームする場合は、どこの部屋からどのような順番で工事を行なうかをよく確認し、工事をする部位からできるだけ離れた場所に、ペットが落ち着けるスペースとトイレを確保しておきましょう。

また 「大きな音や強い臭いが出る日」 は事前に知らせてもらい、当日は外へ連れ出したり、病院やペットホテルへ預けるなどの対策をしておけば安心です。

次のページもペットトラブルの事例、ホコリで死んだ魚たち、工事中に迷子になることが多いペットたち、ペットvs.リフォーム業者のトラブル、人間も犬も危険な状態とは? です。