北フィンランドの町ロヴァニエミで人気!
一度食べたら忘れられない塩ワッフル

Cafe&Bar21

カフェ&バー「21」は、黒に白で「21」と書かれた数字が目印。ちなみに、お店の名前の21は、住所のRovakatu 21にちなんだもの ©Erika Takahashi

ロヴァニエミの中心街のロヴァ通り(Rovakatu)沿いに位置するカフェ&バー「21」は、2012年にオープンしたばかりのお店。ユニークなメニューで、オープン当初から、数あるロヴァニエミのカフェの中でも群を抜いた人気を誇っています。このお店の一押しメニューは、ご飯代わりになる塩ワッフル(8.90ユーロから)と甘いデザートワッフル(スモールサイズ5.90ユーロ)。

SesamSalmon

セサミサーモンの塩ワッフル。各テーブルに灯されたキャンドルも素敵 ©Erika Takahashi

なかでもお勧めしたいのは、塩ワッフルのセサミサーモン(Sesam salmon)。ぷりぷりの生サーモンとゴマのコンビネーションが絶妙で、香ばしいナッツや味わい深いハーブソースとサラダが、さらにサーモンの味を引き立てます。他にもチキンやハム、エビの塩ワッフルもお勧めで、ふわふわのワッフルとの相性の良さにはひと口食べたらびっくりするほど。

一度食べたら忘れられない味で、リピーターが多いのもうなずけます。一見コンパクトな盛りつけですが、実はボリュームたっぷりでお腹いっぱいになります。日本人の味覚にもよく合うお味です。

 

居心地の良いモダンな店内

Cafe&Bar21

モノトーンで統一されたインテリアがおしゃれな店内。ボードの手書きのメニューにも温かさを感じる。トナカイの毛皮など北欧らしいディスプレイも ©Erika Takahashi

白と黒にグレーというモノトーンを基調とした店内は、シンプルでおしゃれなのに、どこかくつろげる気楽さも持ち合わせています。そんなモダンな雰囲気の内装と確かな美味しさで、地元の若者から年配の方まで幅広く定評を得ているのも、お客さんが絶えない理由でしょう。メニューも英語で、店員も英語での対応が可能なので、観光旅行者も入りやすいです。店内では無線LANが利用でき、おいしいワッフルをいただきながら、ついつい長居してしまいそうです。

夜間はバーに変わる、この「21」。ワインとカクテルの種類も豊富なので、昼間とはまた違った雰囲気を楽しむことができるでしょう。ロヴァニエミを訪れた際は、ぜひ一度は足を運びたいお店です。

<DATA>
Cafe & Bar 21
住所:Rovakatu 21, 96200 Rovaniemi
TEL:+358 40 811 7037
アクセス:ロヴァニエミ駅から徒歩約15分
開業時間:月・火11:00~21:00、水・木11:00~24:00、金11:00~翌2:00、土12:00~翌2:00、日12:00~21:00
休業日:なし
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。