絶妙なカラーリングが光る
パトリック

シューズのサイドに刻まれた2本のラインが印象的なパトリック。その絶妙なカラーリングは、さすがフランスのブランドといった感じです。

パトリックは1892年にフランスのプゾージュ地方の靴職人、パトリック・ベネトゥとその息子達でスターオしたブランドです。

70年代には様々なスポーツシューズを手がけ、80年代には当時フランス代表のサッカープレイヤーのサプライヤーでもありました。

現在は、兵庫県の姫路市にある協力工場で、1足づつ熟練の職人達がハンド仕上げで丁寧に作っています。

不動の定番である、白地に赤と紺の2色のラインはアッパーの革にウレタンコーティングをしているので、かなり強度があり傷が付きにくいのが特徴。

また、シルバー、ネイビー、レッドもあります。

さらにクロコダイル風の型押しとエナメル加工、ゴールドやシルバーのラインがラグジュアリーなイメージのスペシャル使用のものは、大人っぽい贅沢感の漂うシューズです。

コーディネートするウエアは、フレンチシックなゴルフウエアがぴったりだと思います。

■公式HP
http://www.patrick.jp/

 





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。