ゴルフは「紳士のスポーツ」。ウエアのルールやマナーは、他のスポーツよりも厳しく、グリーン上でプレーをする時だけではなく、クラブハウスでの服装や行き帰りの服装にもマナーがあります。

面倒なようですが、きちんとしたマナーにのっとった服装でプレーをすることが、大人のゴルフの醍醐味です。

きちんとしたマナーにのっとった服装でプレー

きちんとしたマナーにのっとった服装でプレーをすることが、大人のゴルフの醍醐味


ゴルフ場への行き帰りのNGな服装

まず大切なのが、ゴルフ場への行き帰りの服装。暑いし、友人同士だし……と、気楽に考えた短パンにタンクトップにビーチサンダル、Tシャツにジーンズ、スニーカーなどのラフなスタイルは完全にNGです。

男性は、チノパンツなどに衿付きのシャツとブレザーやジャケット、革靴を着用。

女性も基本は同じで、衿付きのポロシャツにロングパンツや、スカート、キュロットなどに革靴を着用しましょう。

クラブハウス内はジャケット着用が義務付けられているコースもあるので、持参したほうが良いでしょう。

プレーする時のNGな服装

ゴルフウエアは、男女とも必ず「襟付き」のものを着用することが決まりです。

男性の場合、夏場にハーフパンツを着用する時には、必ずひざ下のソックスを着用すること。またポロシャツなどのトップスは、必ず裾はパンツの中に入れ、ベルトを着用するのがルール。パンツはジーンズ、カーゴ、スエットはNGです。

女性の場合も男性と基本的には同じで、襟付きのトップス、裾は中に入れる、ベルト着用、パンツはショートの場合はソックスは必須。暑いからと、キャミソール、ノースリーブなどや、丈の短過ぎるパンツやスカートもNGです。女性の場合は、露出を控え上品に……が大切です。

ゴルフ場でのドレスコードは、そのコースによっても異なり、特に名門と呼ばれるコースは厳しくルールが定められていることもあるので、迷ったらメンバーになっている同行者に聞くか、ゴルフ場に問い合わせると良いでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。