座椅子だと、一風変わったキャンプが楽しめる

 

 アウトドア用「座椅子」がお気に入り


数年前からよく使っている、アウトドア用「座椅子」がお気に入りです。

キャンプと言うと、タープの下でイスとテーブルと、言うのが定番ですが、たまには、シートを敷いて「座椅子」で足を伸ばして……なんてどうでしょう?

天気の良い日なら、腰を下ろすのも気持ちが良いです。最近は、スクリーンタープをお持ちの方も多いですから、タープの中一面にシートを敷けば「大の字」にもなれます。一風変わったキャンプもおもしろいですよ。

テーブルも高さを変えられるものも多いですから、「座椅子」でも充分楽しいキャンプが出来ますよ。

 

 こんなにコンパクトにたためる


座椅子は丸めて収納出来ますので 椅子のほかに持ってもじゃまにはなりにくいです。

小さなお子さんが座る場合、椅子から落ちたりする心配もありません。

ウチの奥さんは、春や秋のキャンプは「朝晩、椅子だとお尻が冷える」と毛布やパーカーなどをお尻に敷いて椅子に座っていましたが、「座椅子」に「座布団、クッション」は冷えなくていい、と言っていました。

いろんなキャンプスタイルを試してみてください。新しい発見がありますよ。楽しいキャンプになりますように。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。