卵巣年齢をチェックする「AMH検査」とは?

MICO世代のみなさんは「まだまだ仕事を頑張りたい!」と思われている方も多いと思います。でも「妊娠適齢期も気になる…」「いつかは欲しいけれど、そもそも私の身体は妊娠可能?」など色々不安に感じられることもあるかもしれません。
いつか出会う赤ちゃんのために今できること

いつか出会う赤ちゃんのために今できること


そこで、将来妊娠を望む女性にはぜひ知っておいてほしいのが「AMH検査」です。血液検査によって妊娠するために必要な卵子が卵巣の中にどれくらい残っているのか、卵巣年齢を調べることができます。


将来設計を行う上で知っておきたい卵巣年齢

基本的に卵巣年齢を自分でチェックする事はできません。クリニックでAMH(抗ミュラー管ホルモン)を測定する事が、卵巣年齢をはかる指標になっています。しかし、これも1つの目安であって卵巣年齢が高いから妊娠しにくい、若いから妊娠しやすいという風に単純には行かない事が多いです。

また、ホルモン値が低いので卵子の質が低いという事もありません。質が悪くなければ妊娠は可能です。不妊治療などを行う際に排卵誘発剤による卵巣刺激によって、卵巣内に発育を開始できる卵胞がどのくらいあるのかを予測することができるということです。

年齢や体内の状態には個人差があります。将来設計を行う上でご自身のことをきちんと知るために、専門医のところAMH検査を受けてみることも1つの方法です。AMH(抗ミュラー管ホルモン)の測定は婦人科で行えますが、自費が多いのでクリニックによってばらつきがあり1万円前後が目安です。


卵巣年齢の老化を防ぐには

残念なことに、一度老化してしまった卵巣年齢は若返ることはできません。しかも、どんどん実年齢と同じだけ歳を重ねていきます。したがってこれからできるのは、いかに老化を予防するかということです。

卵巣年齢を若々しく保つには規則正しい生活を心がけるという事につきます。過度なダイエットや飲酒、喫煙は控えた方がいいでしょう。また将来、妊娠・出産するためには卵巣だけでなく、身体が健康であることがとても大切です。体を冷やさず、適度な運動と良質な睡眠を取るように心がけましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。