カナディアンなスタイルキッチン、無垢の扉+ドライウォール仕上げ

下の写真はカナディアンなテイスト満載の、無垢のオーク材で造作されたオーダーキッチンです。シンクは白のホーロー製で、壁面はドライウォールと呼ばれるペイント仕上げ。カントリーテイスト満載のキッチン空間になっています。

カナダ製の無垢のオーク材と白いホーローシンクのオーダーキッチン。木製のオリジナル照明器具がナチュラルな雰囲気を盛り上げる(リンダルシーダーホームズ)

カナダ製の無垢のオーク材と白いホーローシンクのオーダーキッチン。木製のオリジナル照明器具がナチュラルな雰囲気を盛り上げる(リンダルシーダーホームズ)


ドライウォールとはアメリカで生まれた壁の仕上げ方法で、ボードを下地処理した後に水性塗料でペイントしていく工法です。よくアメリカのドラマなどで、壁を自分で塗り替えるシーンが出てきますが、あれがドライウォールです。

ドライウォールは色数が豊富で、手軽に塗り替えられるのでDIYリフォームにはもってこい!まめに塗り替えれば、いつもフレッシュなインテリアが楽しめます。

リフォームの工夫で北側の5畳のダイニングルームも明るくステキに

下の写真は、上のキッチンから続くダイニングルームです。実はこの部屋は北向きで広さも約5畳しかありません。そこで天窓を取り付けて目いっぱい明るくし、また家具は全て埋め込みとすることでダイニングとして充分なスペースとなりました。

北側の5畳しかないスペースでも、リフォームの工夫で明るく素適なダイニングになる(リンダルシーダーホームズ)

北側の5畳しかないスペースでも、リフォームの工夫で明るく素適なダイニングになる(リンダルシーダーホームズ)


天井と腰壁には、レッドシーダーという木材を使用。これはカナダの神木と呼ばれる木で、よい香りと腐食のしにくさが魅力です。狭い5畳でも、光の取り入れ方や収納、インテリアの工夫でこんなにステキなダイニングになります。

6畳なくても大丈夫!効率的な収納リフォーム術で6畳よりも広々とした4.5畳にする方法を下記でご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
■収納リフォームで6畳より広々使える4.5畳!

モデルハウスで見つけたリフォームで使えるアイデアは他にもたくさんあります。下記のページに、モデルハウスに学ぶリフォーム術の記事をまとめてありますので、ご覧になってみて下さい。
■モデルハウスに学ぶリフォーム術 -INDEX-

【関連記事】
■モデルハウスに学ぶキッチンリフォーム!便利さアップ編
■リフォーム前にCheck!キッチンタイプ診断
■対面キッチンのリフォームで失敗が多いワケ
■キッチンの吊り戸棚はジャマ?徹底活用リフォーム術


Copyright(c)2013 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。