6畳よりも広々とした4.5畳になる、収納リフォーム術をご紹介します。片付けがしやすいのはもちろん、掃除もしやすい部屋になりますよ!

収納リフォームで広々4.5畳!
6畳あるから安心?収納を減らして広く表示された部屋

6畳あっても収納が足りなくて様々な家具が並べば雑多で狭苦しい雰囲気に。

6畳あっても収納が足りなくて様々な家具が並べば雑多で狭苦しい雰囲気に。

4.5畳では狭い、せめて6畳欲しい!という声をよく聞きます。部屋の畳数の表示にこだわる方は多いのですが、実はその表示がくせものです。

収納を減らし、その分で部屋の畳数をかせげば、図面上ではそれなりに広く見えます。子供室、ダイニングなどは特に6畳にこだわる方が多いのですが、そのために実は収納が足りていない間取りをよく見かけます。

収納が足りなければ部屋に家具を置くことになります。高さや奥行き、色もバラバラな家具が部屋に並べば、6畳あっても雑多で狭苦しい部屋に。

そこで今回は、6畳をあえて4.5畳にリフォーム!効率的な収納で6畳の時よりスッキリ広々使える4.5畳をご紹介します。


 

収納リフォームで広々4.5畳!
6畳の時よりスッキリ広々、掃除もラクなダイニング

左はリフォーム前の6畳のダイニングの様子です。6畳分の床面積はありますが、高さや奥行き、色もバラバラな電話台、食器棚などが並んでいるので、雑多で狭苦しい雰囲気になってしまっています。また家具と家具の間のスキマにはホコリがたまりやすく、掃除もしにくくなっています。

壁面収納にリフォームすれば、置き家具より効率がいいので部屋が片付く

壁面収納にリフォームすれば、置き家具より効率がいいので部屋が片付く


そこで窓を収納付き出窓に、そして床から天井まで壁面収納を作るリフォームをすれば、収納効率が上がり、これらの家具の中に入っているモノが全てがスッキリ片付きます。また上のプランの壁面収納の奥行は45cm。奥行を浅くして裏側からも使えるようにしてあります。奥行が深すぎる収納は使い難くなるので、しまうモノに合わせた使いやすい寸法を考えましょう。

壁面収納には掃除が簡単という大きなメリットもあります。家具同士のスキマが無いのでホコリがたまり難く、4.5畳分の四角い床にサッと掃除機を掛ければ掃除は完了。家事がラクになります。

次のページで、スッキリしたリフォーム後の4.5畳のダイニングの様子をご紹介します。