Mac対応USB接写・書画WEBカメラ

教育現場、プレゼンテーション、インターネットでの中継会議といった人々の前で説明するときに重宝するのが、この「Mac対応USB接写・書画WEBカメラ」です。おすすめの理由は、持ち運びが簡単でワンタッチでカメラの映像をスクリーンに映し出すこと、手元のiPhoneや資料を見せたいときに便利なところなどです。

持ち運びが簡単でワンタッチでカメラの映像をスクリーンに映し出す

パソコンで作成したプレゼンテーション用の資料をスクリーンなどの大画面に映し出すとき、プロジェクタを普通使うと思いますが、このプロジェクタというのはかなり高価な代物です。しかも、置く場所を確保する必要があるので、1人で設置するには時間がかかります。

この「Mac対応USB接写・書画WEBカメラ」なら、かなりコンパクトなので持ち運びも容易です。USBに対応していますのでドライバのインストールもなしで取り付けも簡単。しかも、スタンドに取り付ける、ディスプレイに取り付ける(アタッチメント付き)、手でもつといった3タイプの使い方が可能です。

手元のiPhoneや資料を見せたいとき

プレゼンテーションやネット会議で何かを見せたいとき、固定されたカメラだと、カメラに見せたい物を近づけると作業が必要になります。ですが、この作業は中々上手くいきません。ピントがずれてしまうことが多く、携帯やスマホの画面だとぶれてしまいます。

この「Mac対応USB接写・書画WEBカメラ」の便利なところは取り外しが容易で手で持って見せたい物を簡単に映せるところです。高性能200万画素対応なので、鮮明な画像をスクリーンに投射することが可能です。


■Mac対応USB接写・書画WEBカメラ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。