【秘訣その1】 野菜の切り方

アウトドアでカレーを作る場合、時間をあまりかけずに、なおかつ早く火が通るように料理したいものです。

そのような時は、使用する野菜の切り方を普段より細かくしたり、薄くスライスすることで早く煮えるようになり短時間で作れます。

人参などはすって炒めてもおいしいです。肉は普段どおりの切り方で構いません。夏の季節でしたら、皮を剥かなくても早く煮える夏野菜がお勧めです。

なおスパイスの味重視のカレーは、じっくり時間をかけて煮込まなくても具材の風味が生かせるのでアウトドア向きです。

アウトドアでカレーを作る場合、時間をあまりかけずに、なおかつ早く火が通るように料理したいもの

アウトドアでカレーを作る場合、時間をあまりかけずに、なおかつ早く火が通るように料理したいもの


【秘訣その2】 水の高さ

アウトドアのカレーでよくやってしまう失敗は水の入れすぎです。これを防ぐには最初、水の高さの目安を具がひたひたになる程度にすることです。

そしてルーを入れた後、カレーが固ければ水を継ぎ足して微調整し、好みの固さにして煮込みます。


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。