たっぷりのレモン汁を絞ったアイスレモネードティー

たっぷりのレモン汁を絞ったアイスレモネードティー

8月に入り、いよいよ夏本番。連日暑さと高い湿度で、熱中症への警戒、夏バテの心配が常につきまといます。気を付けていてもどうしても疲れはたまってきてしまうもの。そんなときにおすすめなのが、アイスレモネードティー。紅茶のカフェイン、レモンのクエン酸やビタミンCなどを取り入れたドリンクをチャージして、夏の不調対策してはいかがでしょうか。

新鮮なレモンを絞ると香りにもいやされます

新鮮なレモンを絞ると香りにもいやされます

レモンには、クエン酸が多く含まれ、疲労回復、消化促進が期待できます。さらにビタミンCが豊富なことでも有名ですね。

紅茶のカフェイン…眠気予防、疲労回復
レモンのクエン酸…疲労回復、消化促進
レモンのビタミンC…紫外線によるメラニン色素の生成・沈着抑制
※紅茶と同様に、レモンにも、「ポリフェノール」が含まれており、活性酸素などの抑制作用があります。

 

アイスレモネードティーの作り方

一人分にレモン1/2分とたっぷり使用

一人分にレモン1/2分とたっぷり使用


紅茶は通常より濃いめ(およそ1.5~2倍の濃さ)に作ります。

■参考の量(一人分)
  • 熱湯160mlに対して、茶葉 ティースプーン1.5~2杯
    (紅茶の茶葉は、ニルギリ、ヌワラエリヤ、キャンディなどがおすすめ)
  • フレッシュレモン汁 1/2個分 
  • グラニュー糖大さじ1杯 あるいは、ガムシロップをお好みで。

  1. 紅茶を通常より濃いめに入れます。別の容器に紅茶をこしたら、グラニュー糖大さじ1杯程度を加えて溶かしておきます。
  2. レモン1/2個分を絞ります。
  3. グラスにたっぷりの氷を入れ、紅茶、レモン汁(果肉も)を注いで出来上がり。

※レモンの果皮には、リモネンという成分が含まれ、気持ちをリラックスさせてくれるので、グラスに向けて果皮を搾り、果皮に含まれるオイルを吹き付けてみてください。レモンの皮についたワックスや防腐剤などが気になる方は、しっかり洗ってから使用するか、国産レモンを用いると安心。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。