肉屋、魚屋、八百屋、食堂がひとつのビルに集結する香港の街市へ

街市イメージ

「街市」の文字を見つけたら足を踏み入れてみて。写真は、香港一の庶民街「深水●(シャムスイポー)」の街市
※●は土へんに歩

“美食の都”と称される香港ですが、香港の人たちはどんなところで食材を調達しているのでしょうか? 

街市フロアガイド

街市の入口にはフロアガイドが

香港でも日本と同じようにあちこちにスーパーマーケットが存在しますが、昔ながらの買い物風景といえば「街市(ガイシ)」。街市とは、香港の各エリアに必ずある市場で、肉、魚、卵、野菜、果物などの食材から、生活雑貨までが売られています。

かつては、路上に並ぶ市場でしたが、衛生面の問題から、政府の管理の下、ビルに集約されるようになったのです。

一般のお客さんはもちろん、プロの料理人も足を運ぶ街市。目利きがより新鮮でよりお値打ちなものを探しに来るだけに、コスパの優れたものが手に入ります。

 

量り売りが基本です

街市肉屋

豪快な陳列の肉屋さん。あらゆる部位が売られています

さすがに旅行に来て、お肉やお魚を買うことはなかなかないと思いますが、南国ならではのフルーツだったら購入してみようということになるかもしれません。健康志向が高まる香港では、オーガニックの食材も売られるようになってきていて注目を集めているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、街市にはお値打ちな店が軒を連ねていますが、すぐに「安い!」と飛びついてはいけません。まずは、フロアを一周してみて相場を見てから交渉するのがおすすめ。手に取ることもOKなので熟れ具合を確認してからがいいでしょう。

街市は一般的に量り売りをしていますが、果物の場合1個単位で売ってくれることもあるので、お店の人に聞いてみましょう。観光エリアの街市なら、英語が通じる確率もぐんと高くなります。ちなみに、野菜を買う場合は、おまけで細いネギをつけてくれる店が多いです。

 

小腹が空いたらフードコートへ

街市イメージ

フードコートのイメージ。これは香港郊外の大埔(タイポー)の街市

街市の楽しみは、買い物だけではありません。ほとんどの街市には「熟食中心」と呼ばれるフードコートのフロアが設けられていて、食事を楽しむことができます。

街市の構造は1階が肉や魚、2階が野菜や果物、3階がフードコートとなっているのが一般的です。※香港は階をイギリス式に数えるため1階を「G/F」、2階を「1/F」と表記します。

フードコートもほぼ地元の人たちで賑わっていますが、中には外国のガイドブックに紹介されるほど有名な店もあります。例えば、北角(ノースポイント)にある「渣華道街市」の「東寶小館(Tung Po sea food restaurant)」というレストランは、日本語のメニューもあることで有名です。

ちなみに、主なエリアの街市は下記のデータの通り。観光がてらのぞいて、隠れた名店を探してみてはいかがでしょうか。

<DATA>
■鵞頸橋街市
住所:Bowrington Road Market, 21 Bowrington Road, Wanchai Rd, Wanchai, Hong Kong
アクセス:MTR銅鑼湾(コーズウェイベイ)A出口から徒歩約3分。時代広場(タイムズ・スクエア)前の道・羅素街を西へ。高架をくぐり湾仔道へ出たらすぐ

■渣華道街市
住所:Java Road Municipal Services Building, 99 Java Road,North Point, Hong Kong
アクセス:MTR北角(ノースポイント)A1出口を出て左手すぐ

■黄泥涌街市
住所:Wong Nai Chung Municipal Services Building, 2, Yuk Sau Street, Happy Valley, Hong Kong
アクセス:トラム●馬地(※●は足へんに包)(ハッピーバレー)行きに乗り、終着点下車徒歩約5分。黄泥湧道を東へ。成和道で曲がり直進。景光街との三叉路を越えたらすぐ

上記街市の市場営業時間:6:00~20:00、フードコート6:00~翌2:00
※店によって異なります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。