新築やリフォームを検討する中で、バスルームを重視する方も多くみられるようになりました。空間プランはもとより、水栓金具やシャワーの機能、デザインにこだわる方も増えており、国産輸入問わず、商品バリエーションも豊富になってきています。

ここでは、最近のデザイン性の高いシャワーについて、その特徴や傾向をみていきましょう。

シャワー形状の種類

LIXIL

霧状のシャワーを浴びられるシャワーパネル。エコ性能に優れる。[シャワーパネル アクアネオ] LIXIL

シャワーの形状は、一般的なハンドシャワータイプと固定シャワータイプに分けることができます。

ハンドシャワーとは、水栓金具部分(蛇口などがある部分)から、ホースなどで接続されているシャワーヘッド部分までを、自由に動かして使用できるもの。日本では、一般的なバスルームに設置されているタイプです。フックを壁に設置し、ハンドシャワーを固定して使うことも。最近、増えてきたのが、フックをスライドさせ好みの位置にセットすることができるバータイプ。シンプルなデザインが魅力でしょう。

固定シャワーは、壁もしくは天井にシャワーヘッドが固定されたもののこと。海外のホテルなどで設置されていることが多いタイプです。円形や方形のシャワーヘッドが単体で固定されているものだけでなく、シャワーバーやシャワーシステムなどと呼ばれ、管状やプレート状、アーム状ののものから水流がでるタイプもあります。ハンドシャワーと固定シャワーが組み合わされた商品もあります。

国産だけでなく、海外メーカーのものには、独特のデザインの商品もあり、空間デザインのアクセントとなるような商品もみられます。

天井から降ってくるようなシャワーも

toto

オーバーヘッドシャワーは量感が感じられる吐水。ボディーシャワーは、広範囲に心地よい刺激が感じられる。[エアインシャワーバー コンテンポラリシリーズ] TOTO

さまざまなタイプのシャワーがありますが、最近、注目なのは、上からの水流を楽しむことができるシャワーでしょう。オーバーヘッドシャワーと呼ばれることもあるように、頭上から全身を包み込むような水流が楽しめるものです。輸入品を中心に天井に固定する商品バリエーションも豊富ですし、オーバーヘッドシャワーがついているバータイプの商品もみられるようになりました。

その他、バーから水流が横に出るシャワー機能を持たせたタイプも。シンプルなバータイプのシャワーと、天井付けのシャワーヘッドをコーディネートできるシリーズもみられます。


次ページでは、システムバスのシャワーをみていきます。