新商品
「戸建てシステムバスルーム スプリノ」
「マンションリモデルバスルーム スプリノWA」

「戸建てシステムバスルーム サザナ」                  TOTO


新築・リフォームの際に、システムバスは多くのユーザーに選ばれているアイテム。各メーカーから豊富な商品が提案され、どれを選べばいいのか、自分の好みの空間づくりをするにはどうしたらいいのか、悩んでしまう方も多いでしょう。

今回ご紹介するシステムバスは、徹底した調査を行い、ユーザーニーズに合わせてデザインテイストを用意したもの。また、充実の基本性能に加え、よりデザイン性をアップさせた商品も合わせてご紹介します。

7つのデザインテイストを提案

ジャパネスクのテイスト。スプリノundefinedSタイプundefined1721サイズ(1.25坪)undefined[写真セット価格]2,332,470円(税込/組立費別途)※オプションを含む

ジャパネスクのテイスト。スプリノ Sタイプ 1721サイズ(1.25坪) [写真セット価格]2,332,470円(税込/組立費別途)※オプションを含む

上質で洗練されたデザインを重視する方に向けた「SPRINO(スプリノ)」「SPRINO WA(スプリノWA)シリーズ」。多様化する趣味嗜好、住まい方等に関してのヒアリングを行い、商品開発に反映した商品です。TOTOの調査によると、システムバスルームを購入する際には、デザインに対して高い関心があるとか。そこで、7つのデザインテイストを設定し、スムーズに好みの空間をつくり上げることができるように工夫されています。

設定したデザインテイストは、ジャパネスク、シック、ミニマルモダン、ナチュラルモダン、ハードモダン、エレガント、カラードモダンの7つ。

たとえば、ジャパネスクは繊細な「和」の感覚と「洋」の融合し、凛とした空間が特徴。シックは、落ち着いた色調にコントラストをつけ、親しみのある心やすらぐ空間となっています。また、ミニマルモダンは白を基調としてシンプルに、カラードモダンはアクセントカラーで変化をつけたデザインです。

空間イメージを左右する壁パネルには5柄(ユウベニ、ジュピターブラウン、キャッスルホワイト、オーガニックベージュ、シラナミ)を追加、合計34柄が用意されています。
(左)undefined少ない流量でも心地よいエアインシャワーundefined (右)クッション層を挟み込んだ3層構造のほっカラリ床

(左) 少ない流量でも心地よいエアインシャワー 
(右)クッション層を挟み込んだ3層構造のほっカラリ床

また、エコロジーの観点からは、節水効果もある「エアインシャワー」や「魔法びん浴槽」もポイントでしょう。従来品シャワーと比べ約35%節水を実現するというエアインシャワーは、水の勢いを落とさず空気を吸引、気泡を包み込んだ大きな水滴にして吐水することで、浴び心地のよさと節水を両立させたものとか。

その他、クッション層を挟み込んだ独自の3層構造の「ほっカラリ床(ソフトカラリ床の名称変更)」も標準装備。表面の溝に水滴がひきこまれ、溝を伝わって排水、残った水は自然乾燥するので、翌朝には靴下でも浴室に入ることができます。柔らかい踏み心地も特徴でしょう。

【希望小売価格(税込/組立費別途)】
「スプリノ」1717サイズ  989,730円~
「スプリノWAシリーズ」1216サイズ  1,004,010円~

次ページでは、基本性能が充実したシステムバスをみていきます。