北部名物のカレーヌードル「カオソーイ」

カオソーイ

チェンマイに来たら必ず1度は食べたいカオソーイ

香辛料とココナッツミルクを混ぜたコクのあるカレースープに、ラーメンのような黄色のゆで麺とカリカリに揚げた麺がトッピングされているカレーラーメンが北部タイの名物料理カオソーイ。チェンマイに来たら一度は食べたいカオソーイのチェンマイ人気店を2つご紹介します。

北部名物カオソーイの専門店1 カオソーイ・クンヤーイ

カオソーイ

とにかくランチタイムは激混み。ランチタイムを外して訪れて

「おばあちゃんのカオソーイ」という意味のカオソーイ専門店。かなりの人気店でランチタイムは激混みで座れないこともあるので夕方以降に訪れることをおすすめします。

一般的な具、鶏肉以外にも豚(ムー)、牛(ヌア)もあります。1杯30バーツ(約96円)、大盛り35バーツ(約112円)

<DATA>
■Khao Soi Khun Yai(カオソーイ・クンヤーイ)
住所:Sripoom Road T. Sripoom A. Muang Chiang Mai
TEL:053-211-663
営業時間:10:00~22:00
定休日:日曜日
アクセス:モンティアン寺院の横

北部名物カオソーイの専門店2 カオソーイ・バーンヤーン

カオソーイ, 玄米

カオソーイは大好きだけどカロリーとコレステロールが気になる、という人はぜひここのお店に

麺がおいしいことで知られているカオソーイ専門店。玄米から作った珍しいお米の麺もあります。あまり他では食べられないのでここを訪れたら是非注文してみては?

お店の方がムスリムなので具は豚はなく、鶏肉または牛から選びます。1杯35バーツ(約112円)大盛りは45バーツ(約144円)。

<DATA>
■Khao Soi Baan Yang(カーオソーイ・バーンヤーン)
住所:Chiangmai Land Road A. Muang Chiang Mai
TEL:081-993-3626(携帯電話)
営業時間:9:30~16:00
定休日:不定休
アクセス:チャンクラーン通り先のチェンマイ・ランド(レストランなどが集まる商業施設)内

晩ご飯を活気あふれる屋台街で食べたい人におすすめ

チェンマイ門, 屋台街

屋台街独特の活気はやっぱりタイならでは。外という開放感も手伝い食が進む

チェンマイ市街では、堀で囲まれたほぼ正方形の「旧市街」と呼ばれるエリアがあります。その旧市街を囲むお濠には5つ門があり、東側に一番有名な「ターペー門」、北側に「チャーンプアック門」、西側に「スアンドーク門」、南側には「スアンプルン門」と「チェンマイ門」の2つがあります。

北側のチャーンプアック門周辺と南側のチェンマイ門周辺には夕方から多くの屋台がオープンし始め、賑やかな屋台街に。テーブル、イスはどの屋台も共有。時間は17~24時で料理は30バーツ(約96円)前後~。タイ人客が多い屋台を選べば、美味しい料理が食べられる率が高いですよ。

空港近くのデパート内屋台街

空港近くのセントラルエアポートプラザ・デパートの地下には、北タイ料理や飲み物、タイのお菓子と、いろいろな食べ物が揃っている屋台街があります。1品25バーツ(約80円)前後~。

<DATA>
■Kad Luang Airport, Chiang Mai(エアポートプラザ・地下市場)
住所:2 Mahidon Road T. Hai Ya Chiang Mai
TEL:053-999-199
営業時間:11:00~21:00(月~金) 10:00~21:00(土日)

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。