東北の豊かな自然が色濃く感じられる湖畔

 

 

青森県と秋田県の県境にある東北を代表する景勝地「十和田湖」は、十和田山の噴火によってできた二重式カルデラ湖です。
一年を通して多くの観光客が訪れ、またドライブ先の人気スポットでもあります。

十和田湖は東北の豊かな自然が色濃く感じられる場所であり、湖畔のエメラルドグリーン色は自然の造形美たまものです。

新緑の季節は青々とした木々と湖畔のグリーンのコントラストが楽しめ、また紅葉の季節には、黄色やオレンジに染まる木々と湖の深緑が素晴らしい光景を繰り広げてくれます。

紅葉の季節は特に、紅く染まった十和田山が湖に映り、その様は絶景の中の絶景です!

自然の中で思い切りリフレッシュしてみませんか?

美味しい空気と日本特有の美しい景色を観るドライブは情緒があって素敵な思い出になります。

また、遊覧船もあるので船の上から眺める景色も堪能してみてください!

ドライブの道路の途中では、見晴らしのよい展望台が4ヶ所設けられているので、高台からの景色も楽しめます。

休屋の湖畔には、高村光太郎作のブロンズ像「乙女の像」が立っているので、チェックしてみてください。

■十和田湖
所在地:秋田県鹿角郡小坂町
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。