フェリーより安く、レンタカーよりも便利


ロングドライブでの渋滞はホントに悩みの種。時間はかかるし疲れるし、いいことない。かといってフェリーでは時間がかかりすぎる。目的地でレンタカーを借りるのもいいけれど、ある程度長い滞在では費用がかかるし、行き帰りに荷物を運ぶのも苦痛だ

そこで、状況によってはぜひ考えて欲しいのが、貨物船を使うという手段。
あまり知られていないけれど、国内便を運航している船会社の中には、個人利用を受け付けている会社もあるのだ。

僕が以前使ったのは、北海道旅行の時。運転して行くには遠いし、キャンプ道具やカヌーを運ぶ必要があったから、レンタカーじゃダメ。そこで、船会社に電話して、自分のクルマに荷物を積み込んだ上で出発の前日に港へ持っていき、移動は飛行機で。街中で2日ほど観光をしてから苫小牧港へクルマを引き取りに行って、そこからドライブに出発した。

ちょっと面倒に思えるかもしれないけれど、持ち込むときも引き取るときも、フェリーのように時間が決められていないから、自分の都合のいい時間に合わせて行動できるし、レンタカーと違って荷物は最初から最後まで積みっぱなしですむ(僕はキャンプ道具を大量に持っていったので、これがありがたかった。カヌーは別としても今どき飛行機だとキャンプ用のガスボンベさえ持ち込めないからね)。
で、最後が大事なんだけど、これが結構安いんだ。

今回取材させてもらったプリンス海運の航送料金で言えば、東京発として
川崎・東京ー神戸………………2万5620円、
川崎・東京ー北九州……………3万1920円
川崎・東京ー北海道苫小牧……3万1920円

これに似たルートのフェリーを見ると、
茨城県大洗ー苫小牧…………2万4000円
東京ー北九州…………………3万4680円
(料金は05年11月現在・全長5m以下のクルマ)

フェリー料金には1人分の運賃も含まれているので単純比較はできないし、貨物船でクルマを運んだ場合、人間は別に移動手段と費用がかかるわけだけど、時間を有効に使えるメリットも考えれば、フェリーより貨物船の方が有利なのは確かだ。
ついでにいえば、港へ持ち込む時間もない人には、陸送サービスもある。こちらは自宅の場所によるが、目安としては東京23区内から東京港まで1万3000円くらいとか。