2009年に無料開放された「栃木県道17号那須高原線」

 

 

ボルケーノハイウェイ(那須高原有料道路)は、那須連山の山頂付近にあった有料道路です。2009年に無料開放され、栃木県道17号那須高原線という素っ気のない名前になってしまいました。有料道路は無料開放されても以前の名前で呼ぶのが普通だと思うのですが、那須ではなぜか旧ボルケーノハイウェイのように過去の名前として扱われているようです。親しんだ名前を存続させて欲しいと思います。

那須は四季の自然環境が素晴らしい観光名所ですが、中でも紅葉は関東地方とは思えない猛烈な紅葉が見れるのでお勧めです。ロープウェイ方面は大渋滞になる事で知られますが、他の場所でも紅葉は見れます。県道17号は山頂部で円形になっているので、一周して穴場を探すのもお勧めです。

秋以外では、旧那須甲子有料道路(栃木県道290号)を少し入った所にある那須平成の森がお勧め。ここは有名な那須御用邸の北側を公園として開放された場所で、四季の草花を通じて那須の自然を実感する事が出来ます。メイン施設のフィールドセンターには、各種の展示や資料などがあり、なかなか居心地も良いので、ドライブの途中に立ち寄るのにもお勧めです。

ちなみに、那須平成の森は紅葉も素晴らしく、特に公園一番北側にある駒止の滝の紅葉は絶景です。公園整備と同時に展望台も整備され、その絶景を手軽に楽しめるようになりましたが、以前は音はするのに見る事が出来ないので、幻の滝と呼ばれていたとの事です。ここはフィールドセンターからは遠く、北温泉近くの駐車場を利用するとすぐです。

■ボルケーノハイウェイ(栃木県道17号那須高原線)

住所:栃木県那須郡那須町大字湯本
電話:0287-76-2619(那須観光協会)
通行料:無料
通行止め:冬期のみ大丸温泉~終点
アクセス:東北自動車道那須ICから県道17号を那須湯本温泉方面へ車で15km
HP:www.nasuheiseinomori.go.jp/(那須平成の森)

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。