平成百景にも選ばれた迫力ある景色

 

 

鹿児島県北部、川内川の中流域にある大鶴湖の更に上流に「曽木の滝」があります。

栗野ICからは県道55号(栗野加治木線)を北へ進み、国道268号を西へ進みます。
2km程で広域農道こがねロードへの分岐がありますので、そちらへ進み川内川手前の県道404号(フラワーロード/鶴田大口線)まで進みます。
その先は、新曽木大橋を回って案内に従って進むと、曾木の滝公園の駐車場にたどり着きます。
 

 

入場料は無料で、駐車場も大きく、周辺は整備されているので運転もしやすいです。
昨年、滝より下流300mに新曽木大橋が完成し、更に訪れやすくなりました。

滝幅210m落差12mの幅広い滝で、「東洋のナイアガラ」とも称されている曾木の滝。
平成百景にも選ばれ、迫力ある景色を楽しめますよ。
近くまで行くと、水しぶきを浴びることができます。

特におすすめは秋の時期。
紅葉が美しく、もみじ祭りでは滝がライトアップされて神秘的です。
色づいたもみじやイチョウの鮮やかなコントラストをなす千畳岩の岩肌の紅葉が素晴らしいです。

また、曽木の滝から1.5km下流にはレンガ造りで西洋の古城を思わせるたたずまいの曽木発電所遺構(曽木水力発電所跡)があるので、それも合わせてオススメします。

■曽木の滝公園

住所:鹿児島県鹿児島県伊佐市大口宮人635
電話番号:0995-23-1311
入園料:無料
アクセス:九州自動車道栗野ICより30分、人吉ICより45分

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。