徳島県祖谷渓の新たなシンボル

 

 

祖谷渓は徳島県の非常に山深い場所にあります。周辺には温泉や観光地が多く、代表的観光地は、植物を使って架けられた原始的な吊り橋で知られる「かずら橋」です。

本当に山深く、なかなか来れる場所では無いので、周辺の名所は極力巡っておくのがお勧め。そこでお勧めしたいのが「小便小僧」の銅像です。祖谷渓の最深部とも言える道端の断崖絶壁の上に、「小便小僧」の銅像は突然あります。

非常にインパクトがあるので、以前からガイドブックには小さくても必ず載っていましたが、改めてネットで調べると「祖谷渓のシンボル」と書かれていて驚きました。実際、google画像検索で祖谷渓を検索しても、「小便小僧」の写真ばかり登場し、「かずら橋」は数える程。いつの間にか祖谷渓の主役に躍り出たようです。

まるで何かのイタズラのような銅像ですが、地元の子ども達や旅人が、昔こうして度胸試しをした事にちなんでいるようです。

■小便小僧(祖谷渓)
住所:徳島県三好市池田町松尾
電話:0120-404-344(三好市観光案内所)
定休日:無休
料金:無料
アクセス:徳島道井川池田ICから国道32号、県道32号経由で50分
HP:www.miyoshinavi.jp/02miru/detail.php

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。