ケーブルホイールを使って解消

 

 

いろいろな方法があると思いますが、私は普段「ケーブルホイール」というコード、ケーブル類の余分な部分を巻くアイテムを使って解消しています。

使い方はいたってシンプルで、ゴム製の側を上下に開いて、芯の部分にコードの余分な部分を巻いて側を元に戻すだけです。

イヤフォンなら全部をすっぽり入れることも可能です。ホールド力はまずまずですが、上下の側のすき間がうまく設計されてまして、全体でちゃんと固定されてますのでばらける心配はありません。

また軽くて薄いので、音楽プレーヤーなどと一緒にポケットなどに入れられますし、ヘッドフォンのコードに使っても重さは感じません。それに内部の芯は柔らかなので、コードに負荷が少ないですし、価格も手頃です。

一方外側の強度はしっかりあるので、バッグの中に割と無造作に入れても大丈夫です。つまり持ち運びの際イヤホンケースとしても使えます。

そのためバッグの中でコードをよく絡めてしまう方などに特におすすめです。

メーカー 株式会社ミヨシ
公式サイトwww.mco.co.jp/products/lan/cableac/cablewheel.html#features

お金をあまりかけない小技には、関連する別のお題でも回答しましたが、100円ショップなどで売っているバインダークリップを利用するのがおすすめです。

こちらの動画での解説にもあるように、バインダークリップの構造がコードを絡ませないように巻くのに適している上、ポケットやバッグにクリップでき、またカラフルなものなどを用いればアクセサリー的にも見栄えがあっておすすめです。




■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。