隠しスパイスを加えると、より本格風味になる!

 

 アメリカ在住メキシカンに教えてもらったタコス


トルティーヤ(フラワー トルティーヤ)以外で用意する材料は、ひき肉、粉末ガーリック、塩、胡椒、ケチャップ、レタス、トマト、バター、チーズ。

バターかサラダ油、またはオリーブオイルで挽き肉(合い挽きでOK)を軽く炒め、ガーリック(粉末の物)を入れます。量は多めにガツンと入れます。

ケチャップを加えて塩胡椒も適宜加え、水分が飛び少しパラッとする程度まで炒めます(味付けは濃いめに)。多めに作っても1週間くらい冷蔵庫で保存して使用できます。

フライパンにバターを溶かし、トルティーヤを回しながら温めるように焼き、ひき肉、チーズをのせ、チーズが溶けて来たら折れないように包み、カットしたフレッシュトマト、レタスを入れ出来上がり。

好みによりタバスコをかけて食べます。

隠しスパイスでクミンとパプリカ、コリアンダーやケイジャンミックスを加えると、より本格風味になります。潰したアボカドをトッピングしても美味しいです。

トルティーヤを自宅で作る場合は、小麦粉、ベーキングパウダー、サラダ油、牛乳、塩で作りますが、手間を考えると皮は輸入食材店等にあるフラワートルティーヤで作った方が気軽に作ることができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。