トルティーヤを使ったラザニア風のアメリカ料理

 

 メキシカンキャセロール

トルティーヤを使ったラザニア風のアメリカ料理(テックスメックス)です。タコス、ブリトー、エンチラーダなどとは違う使い方をしてみたい時に是非お試しください。

作り方(20センチ角型耐熱容器1台分)

  1. 鍋に油と刻んだニンニクを熱し、薄切り玉ねぎ1個分、牛ひき肉400gを炒める。チリパウダー、クミンパウダー、オレガノ各小さじ1を加えて、さらに炒め合わせる。トマト缶、コーン缶、ブラックビーンズ各1缶を加え、少し煮込む。これでソースの完成。
  2. 耐熱皿にソース、トルティーヤ、ソース、トルティーヤ……とソースが最後になるように重ね、とろけるチーズをのせて180度のオーブンで15分焼く。

ポイント

  • チリパウダー、クミンパウダー、オレガノを同量で、簡単にメキシコ料理風味になりますが、お好みに応じてチリなし、増量してください。大人にはハラペーニョを加えても美味しいです。
  • ブラックビーンズはずばり黒豆です。輸入缶を買わなくても、乾燥豆を茹でて使ってももちろんOKです。私はお節で残った黒豆を茹でて冷凍しています。
  • ひき肉は豚・合挽でもOKです。
  • きれいに切り分ける料理ではないので、ナイフで切れ目を入れたら、ざっくりスプーンで取り分けてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。