肌老化を進ませない日焼け後の対処法

s

日焼けした肌は冷やすことが何よりも大切

それでも、日焼けをしてしまったらその後の対処法が重要。お手入れ1つで肌の未来が大きく変え てしまうこともあるので要注意です。

■対処1.鎮静、冷却

なにはなくとも冷やす事が大切。冷たいタオルを顔に当てるなど、とにかくほてりを鎮めましょう。できれば、精製水をコットンに含ませて顔全体を優しくふき取ると鎮静作用があり効果的です。ただし、強くこするとか、たたいたりするなど皮膚に刺激を与えないように気を付けて下さい。

■対処2.十分な保湿

その後は、美白成分をすぐに入れ込みたいと思いますが、ここはグッと押さえてまずは保湿。 潤いを与えるために、念入りに化粧水でパッティングしましょう。肌がヒリヒリする時は、アロエなど炎症を抑える成分が配合されたものや刺激の少ないものをチョイス。

体の内側からのケアも重要。ミネラルウォーターなどでしっかり水分補給しましょう。

■対処3.何より美白
対処1、2で肌を落ち着かせたら、今度は美白ケア。この対処方法こそ、肌老化を左右するといっても過言ではありません。即効性のある美白美容液や美白シートマスクももちろん良いですが、ガイドのオススメはコレ。

頬回りなどに使える部分シートもしくはコットンに美白美容液をたっぷり含ませてから両頬に貼る。その上から保湿系のシートマスクを重ね、この状態で10~15分おいておく。また、一番上にラップを重ねると浸透力と保湿力がさらにアップします。


また、日焼け後は、体力が落ちて免疫力も低下しているので、質の良い睡眠をとり、抗酸化作用のあるビタミンA(ベータカロチン)など積極的に摂取しましょう。ニンジン、トマト、ホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に豊富に含まれるので、サラダなどで手軽に摂るのも良い方法。

紫外線対策こそ、5年後、10年後も輝く肌を手に入れられる最良の方法。是非、試してみて下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。