フットサルとサッカーは共存する

フットサルとサッカーは共存する


フットサルはミニサッカーではない

一番最初の記事【だからフットサルが好き】でも書かせて頂きましたが、フットサルはサッカーに似て非なるスポーツで、バスケットボールに近いと言われる部分も多々あります。それでもサッカーと比較して紹介されることが多い理由は、フットサルよりも認知度が高いことや、足で蹴るスポーツという部分が重なること、【ホームグラウンドを探す】で書かせて頂いたように、日本国内では室内コートよりも人工芝コートの普及が進んだ結果、いまだミニサッカーという認識が高いことも理由に挙がると思います。

しかし個人的にはそれ以上に、「フットサルはサッカーにも活きると思うから」という理由が大きいです。最近子供達にフットサルを教える機会が増えたのですが、そんなことを子供達にも伝えています。その中で子供達の成長と共に、子供時代からフットサルをする重要性も日々実感しています。


サッカー選手に見るフットサルの重要性

一流選手の多くもフットサル経験者

一流選手の多くもフットサル経験者

実際に海外のサッカー選手の多くが子供時代などにフットサルを経験しています。例えばサッカー現ブラジル代表メンバーでも、ネイマール選手をはじめ多くがフットサル経験者で、競技としてでなくても含めるなら、ブラジル人選手でフットサルをしたことがないプレーヤーはいないのではないかと思います。

日系ブラジル人の知り合いは、ブラジルではある程度の年齢までフットサルとサッカーを両立し、その後どちらかを選ぶ選手が多いと言っていました。

今後、フットサルの練習法や戦術などもご紹介させて頂くことになると思いますが、その前にまずそんなことを書かせて頂こうと思います。言葉の意味など不明な部分もあるかと思いますが、それらは今後詳細をご紹介させて頂く時にご説明させて頂きます。